仮想通貨FX 海外取引所

仮想通貨FXの取引所を徹底比較・国内・海外徹底のおすすめをランキング

更新日:

【国内・海外徹底比較】オススメの仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所

2017年のビットコインを含む仮想通貨の急激な上昇が終わり、仮想通貨マーケットは少しづつ落ち着いてきた印象があります。

そして2018年、少しづつトレーダーの数が増えてきているトレード方法は「仮想通貨FX(ビットコインFX)」です。

スキャルピングなどの短期トレードを中心に資産を増やすのであればオススメしたい方法となっています。

日本国内の取引所だけでなく、仮想通貨FX(ビットコインFX)に特化した海外取引所などをまとめて比較しました。

クリプト先生
仮想通貨FXのトレードを行う取引所を選ぶときのポイントについて解説もしているよ
カレンくん
なんでわざわざ海外取引所を作るんだ?
クリプト先生
国内取引所と海外取引所の違いについても説明しようかな

目次

今後、主流になる仮想通貨FX(ビットコインFX)

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは証拠金を取引所の口座に預けて、その証拠金を元にトレードを行うことです。

相場が下がったらそのまま資産が減ってしまう現物取引と違い、「売り」から始めることができるという特徴があります。

また証拠金の数倍から数百倍(取引所によって異なります)の額のトレードを行うことも可能というのも人気のポイントですね。

ビットコインなどの仮想通貨のマーケットがある程度安定してきて、今までのように暴騰や暴落がなくなって来つつある(もちろん株式や外貨と比べるとまだまだ上下は激しいですが)現在、レバレッジをかけることで少ない値動きでも大きく利益を得ることが可能な仮想通貨FX(ビットコインFX)に人気が集まっています。

クリプト先生
レバレッジをかけて大きく利益を得ることができるということは、その分大きな損失を被る可能性があることも忘れないようにね

国内取引所における仮想通貨FX(ビットコインFX)の特徴

国内取引所のメリット

口座開設や取引ツール、サポートが全て日本語。

日本円を入金してトレードできる。

国内取引所のデメリット

FXのトレードができるコインが制限されている。

取引所によってはユーザーが少なく、注文が滑る場合がある。

クリプト先生
安心と確実性を優先するなら、国内取引所で仮想通貨FXしたほうが良いと思うよ

海外取引所における仮想通貨FX(ビットコインFX)の特徴

海外取引所のメリット

取り扱っている仮想通貨の種類が豊富。

取引所によってはかなりのレバレッジをかけることが可能。

海外取引所のデメリット

基本的には英語になっている。一部日本語に対応している取引所もあるが、サポートなどは日本語非対応のところがほとんど。

取引所によっては手数料が高いところがある。

日本円の入金は基本的にできず、ビットコインなどの入金になる。

カレンくん
やっぱり取扱コイン数とレバレッジ倍率が海外取引所を使う醍醐味だよな
クリプト先生
サポートなども日本の基準とは違うから、そのあたりを許容できる人に使って欲しいね

仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所の比較一覧表

国内仮想通貨FX取引所

取引所 FX対応コイン 取引手数料 レバレッジ ロスカット率 追証
bitFlyer BTC 0% 15倍 50% あり
GMOコイン BTC 0% 5倍 75% なし
BITPOINT BTC 0% 25倍 100% あり
DMM Bitcoin BTC/ETH/XEM/XRP/LTC/ETC/BCH 0% 5倍 80% なし
みんなのビットコイン BTC/ETH 0~0.25% 25倍 110% なし
Zaif BTC 0.7% 25倍 30% なし
QUOINEX BTC/ETH 0~0.25% 25倍 110% あり
bitbank Trade BTC 0.01% 25倍 20% なし
Coincheck BTC/ETH/ETC 0% 5倍 50% あり

海外仮想通貨FX取引所

取引所名 FX対応コイン 取引手数料 レバレッジ ロスカット率 追証
BitMEX BTC/XMR/DASH/LTC/

ETC/ETH/XRP/

ZEC/QTUM/TEZ

-0.025%~0.025% 100倍(BTC) 50% なし
WHALECLUB BTC/DASH/XRP/ETH/LTC 0 20倍(BTC) 80% なし
SimpleFX BTC/XRP/ETH/ETC/LTC 0 2倍(BTC) 30% なし
Evolve Markets BTC/ETH/LTC 0.15% 25倍(BTC) 30% なし
Crypto-X  BTC/ETH/LTC/XRP/BCH 0% 25倍 100% なし

国内仮想通貨FX取引所は一長一短で、どれがいいのかと言われると悩んでしまいます。

例えばトレードツールとしてMT4を利用することが可能なBITPOINT(ビットポイント)は悪くはないのですが、ロスカット率が100%なのでかなりシビアな管理が求められます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はFX対応コインは多いのですが、最大レバレッジが5倍までなので、あまり大きなトレードはできません。

海外仮想通貨FX取引所のほうは見ていただければお分かりいただけると思います。

BitMEX(ビットメックス)がダントツでオススメです。

FX対応コイン・手数料・最大レバレッジと仮想通貨FXを行うにあたって、ポイントとしたい部分が他の取引所と比較しても、ほぼ上回っています

カレンくん
仮想通貨FXを始めるならビットメックスがいいのかな?
クリプト先生
まだまだ決めつけるのは早いよ。次は取引所を選ぶポイントを説明しよう

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所を選ぶポイント

仮想通貨FX(ビットコインFX)を始めるにあたって、選ぶポイントがいくつかあります。

全ての部分をチェックするのが理想なのですが、流石に時間がないかと思います。

自分なりにどのポイントをチェックするべきなのかということを考えてみましょう。

カレンくん
ちなみに俺はレバレッジ倍率だけどな
クリプト先生
僕はロスカットや追証の部分かな

会社の信頼性

まずはこの部分をチェックしてみましょう。

どんなにトレードで利益を出しても、取引所が倒産してしまったり、ハッキングの被害に遭ってしまったら、全てパーになってしまう可能性もありますからね。

ユーザーの数

取引所が「取引所形式(相対取引)」の場合、ユーザー数が少ない、すなわち取引が活発でない場合には、なかなか注文が約定しないことがあります。

取引所自体のユーザー数ではなく、自分がメインでトレードしたいと思っているコインの板をチェックしてみましょう。

サーバーの強さ

コインの価格が大きく変化した場合、ユーザーの注文が殺到することがあります。

そんなときにサーバーが貧弱だと取引所にアクセスできず、自分の注文ができない場合があります。

これはtwitterなどで評判をチェックしてもいいでしょう。ただそのつぶやきは新しいものを確認することを忘れないようにしてください。

手数料(取引手数料・スプレッド・スワップ)

取引手数料はあまり各取引所で差はありませんね。

スプレッドというのは売値と買値の差額です。特に販売所形式(2wayPrice)の場合は、取引所によってはかなり広いときがあるのでチェックしましょう。

スワップというのは利益・損失確定前に日をまたいだ場合に発生する金利のようなものです。

短期トレードしている方には関係ありませんが、スイングトレードなどの中期で検討している方は確認しておきましょう。

 

 

ロスカット率・追証

ロスカットというのは、レバレッジをかけて取引をして損失が出てしまった場合、取引所の口座に準備している証拠金に対して、そのロスカット率を超えてしまったときには、強制的に決済されてしまうということです。

ロスカット率が高いと余計な損失を被る可能性が減りますが、自由度がかなり低くなります。

基本的にはロスカット率が定められているので、自分が入金している証拠金以上のお金を払う必要はないのですが、価格が急落してしまった場合に、ロスカットが間に合わないときがあります。

結果的に損失が証拠金を上回ってしまった場合に、追加でお金を入れなくてはいけない状態のことを追証(おいしょう)といいます。もちろん追証はないほうがいいですね。

 

 

レバレッジ倍率

自分が取引所に準備している証拠金を元手に、何倍までの資産をトレードできるかの倍率です。

最大レバレッジ倍率が高いほうがより大きな資産を扱えますね。

 

取引ツールの使いやすさ

仮想通貨FX(ビットコインFX)は短期トレードが基本になります。

つまりその間、ずっとトレード画面を見ている形になると思うので、使いやすいものがいいですよね。

取引所によってはスマホのアプリに気合を入れているところもあります。

 

【オススメ】仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所《国内》

bitbank Trade(ビットバンクトレード)

仮想通貨FX(ビットコインFX)をする上でオススメしたい国内取引所は「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」です。

仮想通貨FX(ビットコインFX)に特化

一番のポイントは「仮想通貨FX(ビットコインFX)」に特化した取引所ということです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)とDMM Bitcoin(DMMビットコイン)が仮想通貨FXメインの取引所ですが、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はレバレッジが最大5倍しかかけられないのに対し、bitbank Trade(ビットバンクトレード)は25倍まで行うことができます。

スワップポイントの支払いが不要

スワップポイントの支払いが不要な部分も見逃せない利点です。ちょっと細かい部分になるのですが、bitbank TradeのBTCFXは先物という制度を採用しているからです。

数量が分かりやすい

通常の仮想通貨取引所だと、ビットコイン自体を取引します。

現在のビットコイン価格だと小数点以下が多くなりすぎてしまい、非常に見づらいというのが事実です。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)では「枚」という単位を使うことで見やすくなっています。

ちなみに1枚は100ドルのことです。

取引が活発

bitbank Trade(ビットバンクトレード)は中国の取引所OKCoinと連携しており、トレードに参加しているユーザーの数はかなり数です。

トレーダーの数が多いということは取引も活発になり、注文が約定しないということが減ります。

国内で仮想通貨FX(ビットコインFX)をするならbitbank Trade(ビットバンクトレード)

一つ一つの部分を比較すると、bitbank Trade(ビットバンクトレード)よりも勝っている点がある取引所はありますが、総合的に見て国内取引所でオススメはbitbank Trade(ビットバンクトレード)です。

bitbank.cc(ビットバンク)の口座を開設しておけば同時に開設可能です。

【オススメ】仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所《海外》

仮想通貨FX(ビットコインFX)を国内取引所で行う場合は迷うことがあるかもしれませんが、視野を海外まで広げると最もオススメしたい取引所は「BitMEX(ビットメックス)」です。

一番のオススメは「BitMEX(ビットメックス)」

ビットコインのレバレッジが最大100枚まで

一番目を引くところはレバレッジの部分でしょう。

100倍というのは他の取引所の追随を許しません。

1万円の証拠金で100万円の取引ができるということです。

FX対応コインが多い

なんと10種類ものコインがレバレッジ取引できるのです。

もしビットコインのチャートに自信がなければ、自信のあるイーサリアムでトレードするなど自分の得意とするケースでの取引を行うことができます。

国内・海外全てを考えて一番のオススメはBitMEX(ビットメックス)

総合的に考えて仮想通貨FX(ビットコインFX)を行うならBitMEX(ビットメックス)を一番オススメいたします。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の注意点

レバレッジ取引は諸刃の刃

仮想通貨FX(ビットコインFX)の最大の利点はレバレッジをかけられることです。

少ない金額でも大きな資産を運用でき、それだけ利益も沢山得ることができます。

しかしながらその分損失も大きくなってしまう可能性があることは必ず覚えておいてください。

海外取引所は英語

とても当たり前のことをお伝えします。海外取引所は英語です。

英語は全く分からない、読む努力も嫌だという方はおとなしく国内取引所bitbank Trade(ビットバンクトレード)を使いましょう。

仮想通貨FX(ビットコインFX)を始めるなら今がチャンス(まとめ)

ビットコインなどの仮想通貨の価格は一時期と比べて、価格の動きは落ち着いてきました。

少ないボラティリティでも大きな利益を得ることができる仮想通貨FX(ビットコインFX)は、今後仮想通貨のトレードのメインになることは間違いありません。

簡単に口座開設ができる今のうちに「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」「BitMEX(ビットメックス)」で口座開設を行っておきましょう。

-仮想通貨FX, 海外取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.