海外取引所

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジ取引とロスカット注意点について解説

更新日:


このような事気になりませんか?
「BitMEX(ビットメックス)のレバレッジが100倍って本当?」
「レバレッジかける場合の注意点は?」
「借金を背負う事は無いの?」

このような疑問を解消する為に、この記事では仮想通貨取引所であるBitMEX(ビットメックス)のレバレッジの仕組みと注意点について分かりやすく解説したいと思います。
BitMEX(ビットメックス)と言えばレバレッジ100倍を使う事が出来る仮想通貨FXの取引所ですよね。

100倍のレバレッジを使う事が出来るという事は大きな利益を出すこともできれば当然、大きな損失も発生します。

BitMEX(ビットメックス)の取引をする場合の注意点は特にレバレッジの大きさです。
今日はそのレバレッジについて注意点を中心に見ていきたいと思います。

カレンくん
今日はBitMEXのレバレッジについて仕組みを教えてくれよ〜
クリプト先生
了解!では説明していくよ

レバレッジとは

レバレッジとはテコの原理を表現する言葉です。
簡単に言うと、レバレッジを利用する事で少ない資本で大きな資本を動かす事が出来る事を言います。

仮想通貨のFXの世界では、ビットコイン、または法定通貨(円やドル)を証拠金(デポジット)として預ける事で、証拠金の数倍〜数十倍までの取引が可能になります。

このレバレッジの倍率がBitMEX(ビットメックス)は100倍まで対応しているのです。

つまり1万円の証拠金があったとして、その1万円で100万円を運用する事が可能になるのです。

日本国内のFX業者の場合、MAXレバレッジ25倍が限界値となっています。

1万円で100万円を運用出来ると聞くと魔法のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、当然リスクがある事を忘れてはいけません。

カレンくん
レバレッジが100倍効くのはいいけど、当然リスクが気になるな。
クリプト先生
そうだね。リスクを知っておくのは大事だよ!

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジの注意点

ここではレバレッジ取引の注意点について解説したいと思います。

カレンくん
次はレバレッジの注意点だ!

例えば
1万円を証拠金にしてレバレッジ100倍で100万円の取引をしたとします。
この時のビットコイン価格が80万円だったとします。

その時1万円の証拠金で100万円を持っている事になりますので、100万➗80万=1.25BTCを保有している事になります。

ここで注意が必要なのがロスカットです。
ロスカットとは証拠金が一定割合以下になった場合に強制的に損益確定される事を言います。
BitMEX(ビットメックス)のロスカットは証拠金が50%以下となった場合に発動するようになっています。

つまり上記の取引の場合、1万円の証拠金が5000円になると50%を切る事になります。
ビットコインの価格が80万から79万5000円以下になると5000円以上の損失が発生しロスカットされることになります。

証拠金が50%以下になった場合ロスカットされるって事はどれだけ激しく値動きしても50%までしか損失は出ないのか?

カレンくん
50%以下になることはないのか?気になるな!

BitMEX追証が無い

クリプト先生
BitMEX(ビットメックス)は追証が無いのが特徴なんだ!

本来であれば急激な価格の変動によってロスカットが効かない場合などもあるのですが、BitMEX(ビットメックス)の場合は50%以上の損失は発生しないルールとなっています。

だからと言って、100倍のレバレッジで取引してしまうと少しの価格変動ですぐに証拠金は50%以下になってしまいゲームオーバーになるのであまりオススメはいたしません。

80万のビットコインが79万5000円になるなんて一瞬ですからね!

カレンくん
レバレッジを高くすればするほど少しの価格変動で大きな損失が発生するんだな!

 

 

レバレッジ変更と使い方

レバレッジの変更方法について解説していきたいと思います。
まずは取引画面をひらきます。

クリプト先生
赤く囲んだ部分にレバレッジの設定ツールがあるんだ
カレンくん
なるほど、ここでレバレッジを設定するのか!


上記のスライダーを動かす事によってレバレッジが調整できます。

ここで1点注意が必要です。
デフォルトの状態では「クロス」と表現されているのですがこれはクロスマージンの事で、「最初から証拠金のMAXの金額を取引しますよ」という意味合いになっています。

クロスマージンとは

残額を証拠金に全て使う状態の事をクロスマージンと呼びます。

例えば5BTCの証拠金があって、100BTCを1BTCの証拠金でポジションをとった場合、証拠金維持率は500%となります。
口座残高 5BTC / 必要証拠金 1BTC = 500%

この場合、証拠金維持率が50%になった場合にロスカットされます。
必要証拠金 1BTC×0.5 = 0.5BTC

つまり口座残高が 0.5BTCになった時です。4.5BTCの含み損が出た場合にはロスカットされる事になります。
クロスマージンの場合、残額を全て証拠金に使う設定になるので資産が減るリスクが大きくなります。

カレンくん
証拠金維持率が大きくなるのがクロスマージンの特徴だな
クリプト先生
そうだね。クロスマージンは大きな損失が出る事があるから注意が必要だ

分離マージン

分離マージンとは自分で設定したレバレッジを採用することが出来るレバレッジの掛け方です。
この場合、証拠金維持の残高を調整することができます。

例えば5BTCの証拠金があって、100BTCを1BTCの証拠金でポジションをとった場合証拠金は1BTCしか使われません。この場合証拠金維持率は100%にしかなりません。

この場合は証拠金が1BTCですので、その50%の0.5BTCになった時にロスカットされます。

早めにロスカットすることが出来るので、ロスカットが苦手な方は分離マージンを使う事をオススメします。

カレンくん
分離マージンの方が早い段階でロスカットされるわけだな
クリプト先生
そうだね!分離マージンは証拠金維持率が100%から始まるのが基本だよ。

コインごとのレバレッジ

つづいて、各コインごとのレバレッジです。
BitMEX(ビットメックス)はコインごとにかけれるレバレッジが異なりますので注意しましょう。

シリーズ レバレッジ
Bitcoin Cash (BCH) 20x
イーサクラッシック (ETC) 20x
イーサリアム (ETH) 50x
カルダノ (ADA) 20x
ジーキャッシュ (ZEC) 5x
ステラ (XLM) 20x
ダッシュ (DASH) 20x
ネオ (NEO) 20x
ビットコイン (XBT) 100x
モネロ (XMR) 25x
ライトコイン (LTC) 33.33x
リップル (XRP) 20x

ジーキャッシュ5倍〜ビットコイン100倍までかける事が出来るレバレッジには差があります。

BitMEXの登録は簡単3分で

BitMEXの登録は3分程度で完了します!

BitMEX の登録をご希望される方はこちらのリンクから登録されると6ヶ月間手数料が10%オフとなります!

カレンくん
このサイトで登録した方がお得なんだな!

口座登録方法を確認したい方はこちらをご覧ください。

まとめ

BitMEXのレバレッジ取引についてまとめてみました。
特に注意して取引が必要なのが、クロスマージンと分離マージンの考え方です。

先ほども説明した通り、最初に取引をやる方は分離マージンで少しの証拠金を使って取引をしてみる事をオススメします。

最初からクロスマージンを使ってしまうと損切りのタイミングがわからなくなってしまい大きく損をしてしまう事があります。

証拠金と価格の変動でどのくらい損益が出るのか?など小さな取引をして様子を見ながら進めて行く事をオススメします。

-海外取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.