ビットコイン取引所 仮想通貨取引所情報

GMOコインの評判は?口座開設はどうするの?《アプリはNO1!初めてのビットコインでも安心のGMOインターネットグループ!》

更新日:

「ビットコインでもFXみたいにトレードしてみたい!」

「頻繁なトレードを考えている」

 

ビットコインのトレードに関して、そのようなことを検討されている方には、「GMOコイン」をお薦めいたします。

 

なぜなら、「GMOコイン」はあのGMOインターネットグループが作ったビットコイン取引所で、そのノウハウを活かした非常に使いやすいトレード画面が自慢だからです。

 

また入金時・出金時は無料で、銀行振込手数料もGMOコインが負担するという徹底ぶりです。

 

今回は、そんなビットコイン取引所「GMOコイン」について、詳しい評判や特徴について、紹介していきたいと思います。

GMOコインはどんな取引所なの?

「GMOコイン」はGMOコイン株式会社が運営するビットコイン販売所です。GMOインターネットグループの一員で、最初はGMO-Z.comコイン株式会社という名前でしたが、2017年8月9日にGMOコインに名称を変更しました。

 

 

GMOコインの特徴

■GMOインターネットグループのノウハウを活かした強固なセキュリティと管理体制!

■FX取引所でも評判だったGMOらしい取引所画面をビットコインでも!

■スマホアプリ「ビットレ君」は仮想通貨のトレードにおいては使いやすいことで評判!

■取引所ではなく、販売所に特化することで、安定的な取引が可能!

■スプレッド(売値と買値の差額)を明記した分かりやすい手数料!

 

■GMOインターネットグループのノウハウを活かした強固なセキュリティと管理体制!

GMOコインはGMOインターネットグループの一員です。GMOインターネットはFX取引高世界一のFX証券会社、GMOクリック証券を運用しています。

 

そこで培った堅牢なセキュリティサービスと管理体制はそのままGMOコインにも受け継がれています。

 

■FX取引所でも評判だったGMOらしい取引所画面をビットコインでも!

GMOコインは世界的にも評価の高いGMOクリック証券と同じように、使いやすく、トレードしやすい取引画面となっています。

 

「数量(金額)指定」・「購入(売却)選択」・「注文の確定」

 

というシンプルな3ステップでの取引が可能です。

■スマホアプリ「ビットレ君」は仮想通貨のトレードにおいては使いやすいことで評判!

GMOコインの特徴と言えば、なんといってもスマホアプリ「ビットレ君」の使いやすさです。

1画面で必要な情報を見ながらトレードを行ったり、

 

スピード注文画面では、1タップで即時発注も可能となっています。

スマホを横にして持てば、9種類のテクニカル指標を利用しながら、チャートを見ることができ、まさにGMOクリック証券の仮想通貨版というのにふさわしい使い勝手でしょう。

 

■取引所ではなく、販売所に特化することで、安定的な取引が可能!

通常、国内の取引所では取引所と販売所を両方持つことによって、安定した取引と手数料収益の部分を実現しています。

 

GMOコインは、全て販売所として運営することによって、表示されている金額でほぼ確実にトレードできるようにしました。

 

■スプレッド(売値と買値の差額)を明記した分かりやすい手数料!

他の取引所では、スプレッドが非公開になっているところが多くあります。実際取引所の形態をとっている取引所は仕方がないのですが、販売所の場合でも、あまり公表していません。

 

そのスプレッドをトップページに堂々と公表しているのがGMOコインです。

 

例えば仮想通貨の現物のスプレッドは

ビットコイン約0.3%(3,000円)、イーサリアム約3%(1,000円)、ライトコイン約1.5%(100円)など、販売所のスプレッドとしてはかなり狭いものとなっています。

 

参考:Coincheckの販売所スプレッド

ビットコイン約1%(8,680円)、イーサリアム約6%(2,154円)、ライトコイン約6%(406円)

※スプレッドについては2017年11月現在。

 

GMOコインの取扱仮想通貨

GMOコインで扱っている仮想通貨について、どのようなものがあるのか簡単な概要とともにピックアップしてみましょう。

仮想通貨名 概要
Bitcoin ビットコイン BTC 言わずと知れた世界で初めての仮想通貨。もちろん時価総額もNo1。
Ethereum イーサリアム ETH 時価総額No2の仮想通貨。ビットコインとの大きな違いは契約についてもブロックチェーンに残すことができるということ。
Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ BTH ビットコインから分裂してできたコイン。
Litecoin ライトコイン LTC  ビットコインと比べて、決済スピードが早く、生活の中で使われるという実用性に重きを置いて開発された通貨。

 

GMOコインの口座開設手順は?

ここまで、GMOコインの評判や特徴について、ご理解を深められたことと思います。

 

続いて、実際にGMOコインで口座開設をする手順について、ご案内してきます。

 

手順1 メールアドレスの登録

「無料口座開設」をクリックしてください。

メールアドレスを入力してください。FacebookやGoogle+でも可能ですが、セキュリティの関係上可能な限りメールアドレスでの登録をオススメしています。

GMOからメールが届いたら、記載されているURLをクリックしてください。

 

手順2 個人情報の入力

パスワードを設定してください。

メールアドレスと設定したパスワードを入力して、マイページにログインしてください。

個人情報の入力を開始してください。

ちょっと長いですが、個人情報の入力をお願いします。特に住所のところに関しては、この後の本人確認書類と同じ場所にしたほうが、手続きがスムーズです。

 

手順3 本人確認書類の提出

本人確認書類の提出をしましょう。画像データによる提出と郵便受け取り時の確認と選択できますが、今回は画像データによる提出の方法をお伝えします。

本人確認書類の画像データを提出しましょう。表と裏と両方必要です。

 

また郵便の簡易書留の配送日の設定も可能です。この部分は他の取引所にはない独自のサービスですね。

 

本人確認が完了したら、手続完了です!トレードを開始しましょう!

 

「FX取引と同じようにビットコインのトレードをしたい!」と考えている方にはGMOコインが断然オススメです!(まとめ)

長々とお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

GMOコインは特にスマホによる短期の取引に特化しているイメージです。

 

FXの取引をiPhoneなどのスマートフォンで行っていた方にとっては、非常に使いやすい取引所だと思います。

他のビットコイン取引所と比べて後出しで、さらにGMOクリック証券のノウハウをあわせて、新しいタイプの取引所になっていると思います。もしかしたらこちらのタイプが主流になるかもしれませんね。

 

ビットコインを始めとする仮想通貨はこれから、世界の金融を大きく変化させることは疑いようがないでしょう。今回の記事が少しでもあなたのためになったのなら、これほど嬉しいことはありません。

 

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン

この記事の監修者
監修者: バヤシ
クリプト業界代表の意識高い系男子。仕事に役立つ意識高い系の呟きを連発します。Crypto fire side chat関西仮想通貨大会議主催者 。関西を中心にツイッターインフルエンサーさんと一緒に楽しいセミナーを企画しています。

-ビットコイン取引所, 仮想通貨取引所情報

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.