ビットコイン取引所 仮想通貨取引所情報

【クリプト先生が教える】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判は?手数料・セキリティ・スプレッド新規参入したけど実際どうなの?真実を徹底比較

更新日:

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)をオススメしたいのはこんな人!

「リップルでレバレッジ取引したい!」

「スマホアプリでトレードしたい!」

クリプト先生
リップルなどのアルトコインでレバレッジ取引ができるとこは少ないよね

 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)をオススメしないのはこんな人!

「売値と買値の差額があると分かりづらいからヤダ!」

「現物取引がしたい!」

カレンくん
そんな人は別の取引所を見てたらいいぜ

bitFlyer(ビットフライヤー)

日本最大級の仮想通貨取引所、イーサリアムやモナコイン、最近ではリスクを取り扱っています。ビットコインのレバレッジ取引も可能です。

Zaif(ザイフ)

テックビューロ社が運営している仮想通貨取引所です。ネムを購入するならザイフです。またビットコインの売買手数料も非常に安いことで有名です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は株式会社DMM.comが運営する仮想通貨取引所です。

オンライゲームや動画配信など、ネット業界ではかなり有名で力のある会社ですね。

DMMFXとしてFXの取引所も運営しており、2018年1月、満を持して仮想通貨取引所に算入してきました。

カレンくん
ぶっちゃけ前はDMMはアダルト動画だけって感じだったけどな!気がつくと色々やっててすごいな
クリプト先生
カレンくんは未成年でしょ!そんなこと知らないはずだよ!何十年前の話だよ!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取扱コイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取り扱っている仮想通貨は7種類です。

Bicoin(ビットコイン・BTC)

皆さんご存知の世界初の仮想通貨であるとともに、時価総額1位を誇るキングオブ仮想通貨です。

Ethereum(イーサリアム・ETH)

スマートコントラクトを実装したビットコインを進化させた仮想通貨。時価総額は2位。

NEM(ネム・XEM)

プルーフ・オブ・インポータンスという新しい運営方法を利用している仮想通貨。

Ripple(リップル・XRP)

国際送金のために作られた仮想通貨。

Litecoin(ライトコイン・LTC)

ビットコインの問題点、送金スピードの遅さを解消するために作られた仮想通貨。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)

イーサリアムから分裂した仮想通貨。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)

ビットコインから分裂した仮想通貨。セグウィットの実装を避けるのが目的。

カレンくん
有名どころの仮想通貨は取り扱っている印象だな

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の長所・メリット

それではDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の長所・メリットについて見ていきましょう。

豊富な取扱コイン

コインチェックの利用が難しくなった今(2018年3月)、一つの取引所で7種類もの仮想通貨の取引ができることはかなりオススメしたい部分です。

さらに「ETH/BTC」や「XRP/BTC」など、取引のペアでいうなら14種類ものトレード方法があります。

このあたりはFX取引所のノウハウをうまく活かした感じですね。様々な通貨ペアのチャートを見ていれば自分の勝ちパターンのときだけを狙ったトレードも可能かと思います。

カレンくん
ぶっちゃけ14種類ものペアって言われても、そんなに使わないから必要ないよな
クリプト先生
今のところはね…。将来的にもう少し仮想通貨市場が安定してFXに近くなってきたら意味があるかも

スマホアプリ・PC画面でも使いやすい取引ツール

PC版の取引画面はDMMFXと同じような感じです。

慣れている人は好きにカスタマイズできるので、かなり使いやすいかもしれません。

カレンくん
ぶっちゃけ、うまくPC画面のサイズとマッチしないと使いづらいんだけどね。通貨ペアをクリックしても自動でチャートが切り替わらないのも面倒だし…

スマホアプリ版はかなり使いやすい印象です。国内取引所の中ではダントツですね。

クリプト先生
スマホアプリの使い勝手の良さだけでも、DMMビットコインを使う理由になるよ。この完成度はさすがFX取引所で培ったノウハウだね

様々な手数料が無料

入金・出金・取引手数料が全て無料となっています。

特に出金手数料が無料というのはかなり好印象です。他の仮想通貨取引所では、ほとんどやっていない長所ですね。

ただしレバレッジ取引をしているときに日をまたぐと0.04%の手数料が発生するので、アルトコインの長期保有には向いていません。

カレンくん
取引手数料無料って言ってもアルトコインは販売所形式の取引所だからレバレッジはあるんだけどね。注意しないと。

土日を含めた24時間サポート

24時間365日、お問い合わせフォームから問い合わせが可能とうたっています。

しかも最近のコミュニケーションツールとしては欠かせないLINEからの問い合わせもできます。

カレンくん
問い合わせの受付はしているけど、すぐに返事が返ってくるとは限らないよな
クリプト先生
まあまあ、参考程度にね。でもLINEでも聞けるっていうのは良いと思うよ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の短所・デメリット

続いてはDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の短所・デメリットを見ていきましょう。

現物取引可能な仮想通貨が少ない

取扱仮想通貨は多いというメリットをお伝えしていますが、実はそのほとんどは「レバレッジ取引」となっており、現物取引ではありません。

これはどういうことかと言うと、現物取引はビットコインやイーサリアムの通貨を購入したときには、実際に自分のものとして所有することができます。

現物取引だと他の仮想通貨取引所に移したり、誰かに送金することは可能です。

しかしレバレッジ取引だと購入した通貨は実際に所有しているわけではなく、トレードが完了し利益が出たときにだけ、実際に資産が増えるという形になっています。

この場合ですと現物取引のような仮想通貨の移動や送金ができません。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)だと現物取引が可能な通貨は「Bitcoin(ビットコイン)」と「Ethereum(イーサリアム)」だけです。

カレンくん
アルトコインの長期保有を考えている人はオススメできないな
クリプト先生
ぶっちゃけ今の日本の取引所だとそんなに選択肢がないから、アルトコインをずっと持っておきたいと考えているなら、海外取引所を使うしかないかもね

スプレッドが広い

全ての取引が「販売所」方式のため、スプレッドが発生します。

スプレッドとは「買値」と「売値」の差額です。メリット・長所の「手数料無料」のところでカレンくんが言っていましたが、このスプレッドは実質取引手数料となっており、スプレッドの部分が取引所が得ることのできる利益となります。

この画像はある時点でのDMM Bitcoin(DMMビットコイン)のレートです。

上記のような場合、ビットコインのスプレッドは3,699円となります。

それではそれぞれの仮想通貨でのスプレッドを計算してみましょう。

仮想通貨名 スプレッド
ビットコイン 3,699円
イーサリアム 4,068円
ネム 6.014円
リップル 11.21円
ライトコイン 1,524.1円
イーサリアムクラシック 209.6円
ビットコインキャッシュ 6,110円

金額だけだとピンと来ないかもしれませんが、パーセンテージに直すとスプレッドがどれくらい広いのか分かります。

仮想通貨名 スプレッド(%)
ビットコイン 0.3%
イーサリアム 5%
ネム 20%
リップル 12%
ライトコイン 8%
イーサリアムクラシック 9%
ビットコインキャッシュ 5%
カレンくん
取引手数料が無料と言っている割には大きいスプレッドだよな。取引所タイプの取引所ならこんなことにはならないのに

取引所と販売所の違い

国内仮想通貨取引所には大きく2つのタイプがあります。取引所は「個人間の取引」をマッチングさせる場所で、販売所は「個人と運営会社」の売買を行う場です。

ロスカットが突然

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ではレバレッジ取引が可能です。

レバレッジ取引とは証拠金をトレード口座にいれておいて、その資金を元に擬似的に売買ができる方法のことを言います。

最大の特徴は何と言ってもレバレッジ倍率という形で、自分の資金以上の仮想通貨のトレードが可能ということですね。

FXトレードを行ったことがある方はご存知かと思いますが、レバレッジ取引にはロスカットというものが存在します。

トレードを行っている最中に、必要な証拠金の額が80%を切ってしまうと強制的にトレードを終了してしまうということです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ではスプレッドが大きいため、気がつくとロスカットされてしまっていたということになってしまうこともありえます。

ホントはどうなの?DMM Bitcoin(DMMビットコイン)と国内取引所を比較

今までDMM Bitcoin(DMMビットコイン)単体で長所・短所を見てきましたが、他の国内仮想通貨取引所と比較して、本当の姿を浮き彫りにしましょう。

取扱コイン数の比較

仮想通貨取引所ではこの部分がかなり重要視されます。ではDMM Bitcoin(DMMビットコイン)はどうなのでしょうか?

仮想通貨取引所名 取扱コイン数
DMM Bitcoin 7個
bitFlyer 7個
Zaif 15個(うち基軸コイン5個)
bitbank 6個
BitTrade 6個
GMOコイン 5個
BITPOINT 5個
QUOINEX 8個(うち基軸コイン7個)
Coincheck 13個

コインチェックはダントツですが、現在(2018年3月)はハッキングの後遺症でほとんど使えませんね。

ザイフも一見多く見えますが、半分以上はトークンレベルなのであまり参考にならないでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はビットフライヤーとコインエクスチェンジと同じ数だけ扱っていますね。

カレンくん
ぶっちゃけそんなに変わらないよな。メリットで挙げてたけどそれほどって感じだな
クリプト先生
アルトコインのレバレッジ取引ができるのは、DMMビットコインの一番のメリットだね

スプレッド比較

続いてはスプレッドの比較をしてみましょう。

どこの仮想通貨取引所でも同様に扱っているビットコインのスプレッドを並べてみましょう。

スプレッドを比較

仮想通貨取引所名 ビットコイン・スプレッド
DMM Bitcoin 3,699円
bitFlyer 29,282円
Zaif 57,158円
bitbank 取引所のみ
BitTrade 取引所のみ
GMOコイン 30,020円
BITPOINT 取引所のみ
QUOINEX 取引所のみ
Coincheck 37,000円

ビットコインのスプレッドで比較するとDMM Bitcoin(DMMビットコイン)はかなりスプレッドが狭く感じるかと思います。

販売所システムの取引所の中ではかなりオススメですね。

カレンくん
ぶっちゃけるビットコイン買うなら、取引所システムのところで購入するよな
クリプト先生
このスプレッドでレバレッジ取引ができるというのが魅力なんだよ。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はアルトコインのレバレッジ取引をしたい人にオススメ

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、国内仮想通貨取引所の中ではかなりFXに寄せた設計になっています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)をオススメしたい方をまとめますと、

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)のレバレッジ取引をしたい人

FXと同じような形でトレードしたい人

スマートフォンでトレードしたい人

です。

新たな仮想通貨取引所として、使ってみてはいかがでしょうか?

カレンくん
ぶっちゃけ仮想通貨取引所としてはどうなんだ?
クリプト先生
FXトレードをやっていた人の入り口としては理想かも。ただ投資自体が初めてって人にはビットフライヤーとかの方がいいかもね

-ビットコイン取引所, 仮想通貨取引所情報

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.