仮想通貨FX 仮想通貨取引所情報 海外取引所

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペアを使った取引(XRP編)

更新日:

「CryptoGT(クリプトGT)でXRP(リップル)の取引をしたい!」

「XRP(リップル)って最近人気だよね」

「CryptoGT(クリプトGT)で取引出来るXRP(リップル)の通貨ペアってどんなものがあるの?」

と考えている方に向けて、この記事ではとっても役立つ情報をお送りします。

 

カレンくん
CryptoGT(クリプトGT)には沢山の通貨ペアがあるんだよな!
クリプト先生
そうだね。その中でも今回はXRPの話だよ。

 

CryptoGT(クリプトGT)の仮想通貨ペアに関しての話はこちら

CryptoGT(クリプトGT)の取扱通貨ペアや取扱銘柄について説明!

 

 

XRP・リップルについて

 

リップルについて、聞いたことはあるけどどういう通貨なのか分からないという方もいらっしゃると思いますので、そんな方のために、まずはリップルについて説明します。

 

意外と知られていないリップルの仕組み、メリットデメリット等も解説します!

 

まず、タイトルとして記載している「リップル」ですが、正確には「リップル」は送金システムの事を指し、XRPとはリップル内で使用される独自通貨のことです。

 

「リップル」は、銀行や金融機関などと提携し、「送金時間にかかる時間」や「高い送金手数料」などの課題を解決するために開発されたシステムです。

 

リップル:送金システム

XRP:独自通貨

 

という事になります。

リップルのシステムを開発したのは「Ripple.inc」というアメリカの法人企業です。

ただし、XRPは株のようなものではなくリップル社からは独立しているため、XRPは誰でも購入することが出来、リップル社が何らかの理由で潰れたとしてもXRPの価値が無くなる訳ではありません。

 

XRP(リップル)には様々なメリットがあります。

通常、国をまたいだ送金の場合は多くの手数料が発生し、更に日数もかかってしまいますが、XRP(リップル)を各国間で送金した場合、国際送金が低コストになったり、送金スピードが早く今ままでの送金とは比べ物になりません。

 

そのため、XRP(リップル)は世界の金融機関に注目される仮想通貨であり、リップルというシステムは研究され、様々な大手企業が実用化しようとしています。

 

カレンくん
XRPだけじゃなくリップルの送金システムも気になるな!
クリプト先生
XRPの価格が上がるかどうか、にも関係しそうだね。

 

CryptoGT(クリプトGT)でXRPを入金してみよう

 

XRP(リップル)を入金するためには、まずCryptoGT(クリプトGT)のTraderRoomにログインします。

そこで、XRPのE-walletをクリックし、自分のE-walletのアドレスを取得します。

取得の方法はQRコードや、アドレスのコピーなどがありますので、詳しくは公式サイトを参考にしてください。

 

また、実際に取引の証拠金として使うためには、XRP(リップル)のMT5 Live 口座(アカウント)を作成しておく必要があります。

 

こちらもTraderRoomから作成し、先程E-walletに入金したXRP(リップル)を資金移動で口座に移動します。

 

これで、XRPを証拠金として取引をすることが可能です。

 

CryptoGT(クリプトGT)でXRPの仮想通貨ペアを使って取引してみよう

 

先程はXRP(リップル)の入金方法について説明しましたが、XRP(リップル)の通貨ペアで取引をしようとした場合、XRPは証拠金でなくても構いません。

証拠金として入金する仮想通貨と、実際に取引をする仮想通貨ペアは全くの別物だと考えてください。

 

XRP/JPYの場合、1リップルを日本円で売買した場合の金額がチャートに表示されています。

また、チャート上にはAskとBidの価格が表示されていると思いますが、Askが「買い」Bidが「売り」の価格のラインなので、注意が必要です。

 

その他入金可能な仮想通貨一覧

 

CryptoGT(クリプトGT)には、XRP(リップル)の他にも証拠金として入金出来る通貨があり、現在7つの仮想通貨で入金することが可能です。

 

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • DSH(ダッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XMR(モネロ)
  • XRP(リップル)

 

どの仮想通貨で入金した場合も取引が可能ですが、一つのMT5 Live 口座(アカウント)につき一つの仮想通貨が紐付いているため、複数の仮想通貨の金額を合算して証拠金にすることは出来ません。

また、取引所によっては証拠金の仮想通貨によってレバレッジの最大倍率が違う所がありますが、CryptoGT(クリプトGT)ではどの通貨を証拠金にしたとしても、最大200倍のレバレッジをかける事が出来ます。

 

その他沢山の仮想通貨ペア(2018年11月5日現在)

 

CryptoGT(クリプトGT)には、現在48種類の仮想通貨ペアがあります。

その中で、XRPが関連している仮想通貨ペアは下記の通りです。

  • XRP/USD
  • XRP/JPY
  • XRP/BTC
  • XRP/ETH
  • BCH/XRP
  • LTC/XRP
  • ETH/XRP
  • DSH/XRP
  • XMR/XRP
  • XRP/EUR

計10種類もあります!

法定通貨を決済通貨にしたものから、仮想通貨同士のペアであってもXRPを基軸通貨にしたものまで様々ですね。

 

まとめ

  • 「XRP」と「リップル」は別物だが、XRPの仮想通貨自体がリップルと呼ばれている事もある。
  • XRPを証拠金にするためには、XRP専用の口座を作成する必要がある。
  • CryptoGT(クリプトGT)では、XRPに関連した10種類の仮想通貨ペアで取引することが出来る。

 

XRPについての詳細や、リップルの送金システム、CryptoGT(クリプトGT)でのXRPを使った取引方法などについて、分かっていただけたかと思います。

早速XRPや他の仮想通貨を入金して、取引を開始しましょう!

この記事の監修者
監修者: バヤシ
クリプト業界代表の意識高い系男子。仕事に役立つ意識高い系の呟きを連発します。Crypto fire side chat関西仮想通貨大会議主催者 。関西を中心にツイッターインフルエンサーさんと一緒に楽しいセミナーを企画しています。

-仮想通貨FX, 仮想通貨取引所情報, 海外取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.