アルトコイン

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)ってどんな仮想通貨?購入方法は?

更新日:

単位:BTH or BCC

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は2017年8月にビットコインから分裂して誕生した仮想通貨です。

 

技術的にはビットコインとほぼ変わりませんが、なぜ分裂したのか、ビットコインとの違いはどこにあるのかを把握していただければ、ビットコインキャッシュとは何かを理解できることでしょう。

 

今回は、そんなBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)について紹介していきたいと思います。

ビットコインキャッシュの誕生

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して誕生しました。ここでいう分裂とはハードフォークのことです。

 

当時ビットコインの取引量は上限に近い状態になってしまっており、送金スピードなどで遅延が発生してしまっている状態でした。

 

その状態を解決するために、

ビットコインの取引を記録しておくブロックチェーンのブロックを拡大しようという案と

SegWit(セグウィット)と呼ばれる取引のデータサイズを圧縮するシステムを導入する案

の2つが浮上しました。

 

本来はセグウィットを導入し、その後ブロックサイズを拡大して対応する予定だったですが、それを良しとしないマイニング集団がビットコインキャシュを生み出しました。

 

様々な意見がありましたが、中国の大手マイナー(マイニングをする人)がセグウィット実装に反対したというのが最も影響力のあった反対意見でしょう。

 

どうやらセグウィットを実装すると彼らが使っているマイニングマシーンの効率が落ちてしまうらしいのです。

 

その結果、ビットコインキャッシュはセグウィットを実装しない方向でハードフォーク(簡単に言うと分裂です)を行いました。

 

そして誕生したのがBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)です。

 

ちなみにビットコインキャッシュ誕生時にビットコインを所持していた人はそれと同じ量だけのビットコインキャッシュを受け取ることができました。

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の特徴

ビットコインキャッシュの特徴を知る上では、本家のビットコインとの違いについて、理解するのが早いかと思います。

 

どの部分が同じで、どの部分が違うのかを説明していきます。

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とビットコインの違い

ブロックサイズがビットコインの8倍

ビットコインキャッシュもビットコインや他の仮想通貨と同じく、その取引記録をブロックチェーンによって記録しています。

 

そのブロックのサイズですが、ビットコインは1ブロックあたり1MB、ビットコインキャッシュは1ブロックあたり8MBと8倍の大きさです。

 

ブロックサイズが大きければ、処理能力があがりセグウィットをすることなくスムーズな送金等の対応が可能になります。

 

SegWit(セグウィット)の導入の有無

前述の通り、ビットコインキャッシュはセグウィットの導入を嫌がって、ハードフォークを行いました。

 

ビットコインキャッシュの開発陣としては、セグウィットと導入することにより、セキュリティに脆弱性が発生してしまう可能性があると発表しています。(真偽の程は分かりませんが)

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の価格推移

誕生後、なだらかに下がっていきましたが、11月に急激に上がりました。

 

暴騰した理由としては下記の3点が考えられます。

 

ビットコインクラシック開発グループの発表

ビットコインクラシックという、ビットコインのもともとの目的を達成するために開発されていた仮想通貨があるのですが、「ビットコインクラシック開発グループ」の公式サイトにて、2018年5月までにビットコインキャッシュが正式なビットコインになり、それにあわせてビットコインクラシックの開発を中止すると発表しました。

 

11月16日のビットコインハードフォークSegWit2xの中止

ビットコインは11月16日に予定されていたSegWit2xの中止を発表しました。その影響でビットコインを保有していた投資家がビットコインキャッシュに流れたというのが考えられます。

 

ビットコインキャッシュのハードフォーク

11月13日にビットコインキャッシュのマイニング難易度の調整を行うためのアップデートとして、ハードフォークの発表を行いました。このハードフォークに期待した人たちの資金が流入したのだと考えられます。

 

ビットコインキャッシュの11月価格暴騰については、韓国の人たちがかなり積極的だったようです。取引高の50%が韓国の取引所から行われました。

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の今後

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した後、確実に別の仮想通貨として成長しています。

 

しかしその役割が不明確な以上、ビットコインキャッシュが今後生き残るためには、ビットコインという最大の相手に勝たなくてはいけません。

 

2017年11月の暴騰はその足がかりになるかもしれなかったのですが、結果的に届かずに終わってしまいました。

 

今後、ビットコインキャッシュはビットコインのポジションを虎視眈々と狙う立場になるでしょう。

 

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)を購入できる仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

口座開設 詳細
Coincheck(コインチェック)

口座開設 詳細
Zaif(ザイフ)

口座開設 詳細
BITPoint(ビットポイント)

口座開設 詳細
bitbank(ビットバンク)

口座開設 詳細
GMOコイン

口座開設 詳細

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.