仮想通貨FX 仮想通貨取引所情報 海外取引所

CryptoGT(クリプトGT)の取扱通貨ペアや取扱銘柄について説明!

更新日:

「通貨ペアって何?」

「仮想通貨FXを始めたけど、どの通貨ペアで取引すればいいか分からない」

「通貨や、通貨ペアごとに特徴があるの?」

こんな事を考えている皆さん。

この記事では、CryptoGT(クリプトGT)で取り扱っている沢山の通貨ペアの中から、何を選ぶべきか?という事にポイントを絞ってお伝えします。

 

カレンくん
BTCとXRPはよく取引するけど、他の通貨はどうなんだろう?
クリプト先生
僕の大好きなETHもお勧めだよ!

入金出来る仮想通貨一覧(証拠金通貨)

 

CryptoGT(クリプトGT)では、日本円やアメリカ合衆国ドルでの入金は取り扱っておらず、仮想通貨のみで入金をする事が出来ます。

そのため、CryptoGT(クリプトGT)で取引するためには、いずれかの仮想通貨取引所で仮想通貨を購入してから、その仮想通貨を証拠金として入金する必要があります。

まずは、どの取引所でも購入出来るBTC(ビットコイン)を購入して、証拠金にしてみるのがいいと思います。

また、その他にも入金可能な仮想通貨があり、現在7つの仮想通貨で入金することが可能です。

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • DSH(ダッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XMR(モネロ)
  • XRP(リップル)

この仮想通貨は「証拠金」として入金し、取引によって増えたり減ったりする通貨です。

また、取引所によっては証拠金の仮想通貨によってレバレッジの最大倍率が違う所がありますが、CryptoGT(クリプトGT)ではどの通貨を証拠金にしたとしても、一定で最大200倍のレバレッジをかける事が出来ます。

カレンくん
じゃあXRPを増やしたい時は、XRPを入金して取引すればいいんだな!

 

取扱仮想通貨ペア一覧(2018年11月5日現在)

 

CryptoGT(クリプトGT)では、つい先日、取扱通貨ペアに「仮想通貨/EUR(ユーロ)」の通貨ペアが増え、合計で48種類となりました。

通貨ペアはどんどん増え続けており、今後も増えていくことが期待されます。

左側にあるのが「基軸通貨」右側にあるのが「決済通貨」です。

法定通貨との組み合わせ

 

右側に「JPY」「USD」「EUR」と書いてあるのは法定通貨です。

それぞれ「円」「ドル」「ユーロ」の通貨の単位です。

日本人だと、JPYで表現されている通貨ペアが一番分かりやすいですね。

BTC/JPYの場合だと、「1ビットコインが◯◯円」という事です。

 

仮想通貨同士の組み合わせ

 

右側に「BTC」「XRP」など、仮想通貨の単位が書いてあるのは仮想通貨同士の価格を比べている仮想通貨ペアです。

ちなみに、現在はBTCの価格が高く、他の通貨は単位が違うほど価格が離れているので、BTCを決済通貨にすると小数点が入る数字になります。

XRP/BTCの場合だと「1XRPが◯◯BTCで売買できる」という意味になるため、「0.00007186」などの細かい数字になってしまいます。

ちょっと分かりにくい・・・

 

クリプト先生
通貨ペアを選んだら、この金額が変動するのに合わせて、取引すればいいんだね

 

結局どの通貨ペアがいいの?

 

取引をする場合、いろんな仮想通貨ペアに手を出すよりも自分にとって取引しやすい通貨ペアで引き続き取引をした方がいいですね。

その方がチャートも見慣れているので価格上下のタイミングが掴みやすいでしょう。

 

でも、「仮想通貨/円」のペアでばかり取引をしていて利益が上がらなかった人が、別のペアに変えたら利益が上がるようになった、という事もあるようです。

通貨ペアの動きが掴みにくい時は、デモアカウントで練習するなどして、慣れるようにしてみたらいいかもしれません。

デモアカウントで練習出来るのも、CryptoGT(クリプトGT)の特徴です。

しかも何の通貨を証拠金にするか、という事も選択出来るので、入金する予定の仮想通貨で練習してみるのがいいでしょう。

リアルタイムチャートで、実際にポジションを保有している雰囲気が分かりますし、ポジションを決済した際に損益が発生した場合はそれも証拠金に反映されます。

 

また、通貨ペアを選ぶ際に注意する所はスプレッドです。

スプレッドとは「通貨ペアを売る時の価格と、買う時の価格の差額」ですが、これが大きいと、ポジションを持ってもなかなか差額まで到達せずにヤキモキする事になります。

 

CryptoGT(クリプトGT)では2018年9月にスプレッドが縮小しました。

スプレッドは、通貨ペアの価格が高騰・急落したときなど、タイミングによっても変化しますが、BTCJPYの場合、約70%縮小したらしいです。

チャートを見てみると、約700くらいの差額になっていますね。

通貨ペアごとにスプレッドは違うので、スプレッドを確認してから通貨ペアを選ぶといいかもしれません。

 

まとめ

 

CryptoGT(クリプトGT)では入金して証拠金に出来る仮想通貨は7種類ある。

取引することが出来る取扱通貨ペアは48種類ある。

相性の良い通貨ペアを見つけるためには、スプレッド等を参考にしながら色々と試してみると良い

 

どんな通貨ペアにも対応出来るCryptoGT(クリプトGT)

可能性が広がりますね!

この記事の監修者
監修者: バヤシ
クリプト業界代表の意識高い系男子。仕事に役立つ意識高い系の呟きを連発します。Crypto fire side chat関西仮想通貨大会議主催者 。関西を中心にツイッターインフルエンサーさんと一緒に楽しいセミナーを企画しています。

-仮想通貨FX, 仮想通貨取引所情報, 海外取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.