ビットコインの出来事 ビットコインの注意点

ビットコイン取引所へのハッキング事件《Bitfinex(ビットフィネックス)事件》

更新日:

2016年8月に発生した香港ビットコイン取引所へのハッキング事件。

 

このBitfinex(ビットフィネックス)事件により、約120,000BTCが不正に流出しました。

 

これはビットフィネックス内の36%の資産を失いました。

 

この時に奪われた資産を補填するために、ユーザー資産の36%を利用し、その代わりにBFXトークンを発行していました。BFXトークンは借用書みたいなものですね。

 

今回はこの巨額のハッキング事件「Bitfinex事件」について解説と教訓についてお伝えしたいと思います。

Bitfinex(ビットフィネックス)事件の概要

ビットコイン取引所の最大手Bitfinex(ビットフィネックス)は香港のビットコイン取引所です。

 

当時世界2位の取引高を記録していたビットフィネックスでしたが、2016年8月に衝撃が走ります。

 

119,756BTCが不正に流出してしまうという事件が発生しました。当時の時価にして71億円ほどのビットコインがハッカーの手に渡ったということです。

 

Bitfinex(ビットフィネックス)事件の考察

実はこの事件の前にも1500BTCがハッキングを受けてビットフィネックスから流出しています。このときにはホットウォレットから流出していることが分かっているのですが、ビットフィネックスほどの取引所がその資産の36%もホットウォレットに入れておいたままとは考えられません。

 

しかしコールドウォレットから流出してしまっている疑いが高く、コールドウォレットとはネットワークに接続されていないウォレットのため、内部の犯行でないと今回の事件を発生させるのは難しいと思われます。

 

ただ現在でも正しいことは分かっておらず、失った資産も戻ってきておりません。

 

Bitfinex事件後のビットコイン価格

この最大規模のハッキング事件を受けて、ビットコインの価格は13%ほど下落してしまいました。

 

一瞬で600ドルから477.90ドルくらいまで下落してしまっています。

 

取引所へのハッキング事件

実はビットコイン取引所へのハッキング事件は頻発しています。

イギリスの取引所Bitstampは19000BTCの流出、GatecoinやShapeshiftもハッキングの被害に遭っています。

 

ビットコイン取引所は大きな資産が集まる場所です。常にハッカーに狙われていると思ってもいいでしょう。

 

Bitfinex(ビットフィネックス)事件からの教訓

ビットコイン取引所は常に内部外部からの危険にさらされています。

 

自分の大切な資産を守るためにも、自分が利用するビットコイン取引所のセキュリティのチェックは怠らないようにしましょう。

 

-ビットコインの出来事, ビットコインの注意点

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.