ビットコインの出来事 ビットコインの注意点

The DAO 事件の全貌 失われたEthereum(イーサリアム)

更新日:

2016年6月、当時の価値にして約65億円ものEthereum(イーサリアム)が盗まれる事件が発生しました。

 

この事件のことをハッキングを受けたプロジェクトの名前から「The DAO(ザ・ダオ)事件」と呼びます。この事件がイーサリアムに与えた影響はとても深く、イーサリアムの分裂まで引き起こす結果となってしまいました。

 

今回は仮想通貨の歴史を語る上では欠かせない「The DAO事件」の説明と、その事件から学べる教訓をお伝えしたいと思います。

Ethereum(イーサリアム)ってなに?

「The DAO事件」について知りたいと思っている方にEthereum(イーサリアム)をご存知でない方はいらっしゃらないと思いますが、簡単にだけ説明させていただきます。

 

イーサリアムは仮想通貨の中ではビットコインに次いで、時価総額2位の仮想通貨です。

 

厳密なことをいうのであれば、イーサリアムはプラットフォームの名前でそこで使われる通貨ETH(イーサ)が通貨名となるのですが、ここでは一般的にイーサリアムを通貨名だとしておきます。

 

技術的なビットコインとの大きな違いとして、ビットコインは取引履歴をブロックチェーン上に記録するだけだったのに対し、イーサリアムはスマートコントラクトと言われる、契約情報もブロクチェーン上に記録することが可能となります。

契約履行を自動化することによって、スムーズな商取引が可能となると考えていいでしょう。

 

DAO(ダオ)ってなに?

DAO(ダオ)はDecentralized Autonomous Organizationの略です。直訳すると「自立分散組織」となります。

 

ビットコインが非中央集権の貨幣を目指したのに対し、DAOは非中央集権の組織の実現を目指したと考えれば、イメージしやすいでしょうか。

 

DAOの実現を最終目標として「The DAO」というプロジェクトがスタートしました。そのプロジェクトはDAOトークンという新しい仮想通貨を作り、そのトークンを投資家がイーサリアムで購入するという形で、資金調達を行いました(ICOと言う方法なのですが、これはまた別の記事で説明します)。

 

最終的に「The DAO」では約150億円もの資金調達に成功しました。これは当時、クラウドファインディングの形で資金調達した額としては、史上最高記録だそうです。

 

The DAO(ザ・ダオ)事件の発生

しかし「The DAO」にはそのシステムに大きなバグがありました。そのバグをついてハッカーは不正な資金送金を行ったのです。

 

その方法は以下のとおりです。

 

The DAOは運営のやり方に賛成しない場合、自分の資金をDAOから切り離し、新しいDAOを作成することができる機能があります。

 

この機能の問題を巧妙について、最初の送金の指示が完了する前に、次の送金も行います。すると資金が自分のDAOにどんどん追加されることになります。

 

この方法で最初の送金が完了したときには360万ETHがハッカーのDAOに資金が流れてしまった後でした。

 

The DAO(ザ・ダオ)事件の対応

新しいDAOを作成した場合、そこに入っている資金に関しては27日間は移動できないという制約があります。

 

The DAO(ザ・ダオ)事件を起こしたハッカーは27日間は不正に取得した資金を動かすことができません。

 

イーサリアムの運営としてはこの期間が残された時間です。取れる選択肢として次の3つです。

 

「諦めて奪われた資金を渡す」

「ソフトフォークで、取引を無効化」

「ハードフォークで、取引をなかったことにする」

 

■ソフトフォークとハードフォーク

ソフトフォークはフォーク前の仮想通貨もそのまま使えるような対応で、ハードフォークはフォーク前の仮想通貨を使えなくするという対応です。

ソフトフォークによる対応だとハッカーのアドレスを無効にすることで、利用停止に追い込むという方法です。この場合には奪われたETHは戻ってきません。

 

ハードフォークだと奪われた事実をなかったことにするという方法です。イーサリアムネットワークの参加者の過半数が賛成すれば実行可能です。

 

最終的にイーサリアムの運営は「ハードフォーク」を選択しました。そしてこのことは後に大きな波紋を生むことになります。

 

The DAO事件のその後

ハッカーに奪われた事実をなかったことにするというハードフォークを選択したイーサリアムに対して、疑問を抱く人がいました。

 

本来、非中央集権を目指して開発された仮想通貨なのに、運営の判断によってハッキングをなかったことにしてしまったということに対しての疑問です。

 

ハードフォークする前のイーサリアムこそが正しいイーサリアムだと主張する人々がいて、その人たちはイーサリアムクラシックとして元々のイーサリアムの開発を続けました。

 

これがイーサリアムとイーサリアムクラシックが分裂した理由です。

 

The DAO事件から得るべき教訓

The DAO事件で覚えておかなければいかないこととしては、「イーサリアム自体がハッキングに遭ったわけではない」ということです。あくまでThe DAOのプログラムの問題であり、ブロックチェーンというシステムに問題があったわけではありません。

 

しかしこのような事件が発生するとその瞬間は、その通貨の価格が落ちるのは事実です。

 

仮想通貨の世界では情報は命です。積極的な情報収集を心がけましょう。

 

またビットコイン取引所によって、ハードフォークへの対応が様々でした。口座開設は基本的に無料なので、いくつかの取引所に資産を分散しておくと安全でしょう。

 

-ビットコインの出来事, ビットコインの注意点

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.