ビットコインについて

ビットコインデビットカードってなに?

更新日:

最近、日本国内でもビットコインを使って支払いが出来るお店が増えてきました。

 

しかし、どこでも気軽に使えるというレベルからは程遠い状況です。もっと利用できる店舗が増えると仮想通貨も投機目的だけでなく身近に感じやすくなるのですが、そう思われている方も多いのではないでしょうか。

 

じつはビットコインデビットカードを利用することでビットコインを使って簡単に決済をすることが出来ることをご存知ですか?

今日は仮想通貨を使って決済するビットコインデビットカードについて説明していきたいと思います。

ビットコインデビットカードとは?

見た目は銀行などが発行するデビットカードと変わりません。ですが、ビットコインなどの仮想通貨を日本円などの法廷通貨に変換してから決済に利用することが出来ます。したがってビットコイン決済が出来ないお店でもデビットカードが使うことができれば仮想通貨での支払いが可能になります。

ビットコインカードには大きく分類して二種類があります。

プリペイド型

プリペイド型は事前に仮想通貨を円に換えてチャージしておくカードです。

チャージした時のレートで換金されます。WirexやXapo、バンドルカード、マネパカードなど。がこれに該当します。

 

ウォレット型

ウォレット型は仮想通貨のウォレットに紐付けされています。

決済時には仮想通貨のウォレットから引き落としされることになります。商品購入の決済時までは仮想通貨として保持し、決済時に換金されることになるのが特徴です。

TenXなど。がこれに該当します。

 

ビットコインデビットカードで支払うメリットは?

例えば、ハンドルカードならVisaに対応したカードなのでビットコインを円建てでチャージしておけば、全国のVisa加盟店で使う事が可能になります。

 

またビットコインの現金化の手段としてもハンドルカードなどであれば数時間で可能になるため銀行口座を使うよりも容易に現金化する事が可能になります。

 

TenXのビットコインデビットカードなら利用額の0.1%がPAYトークンで還元され全世界の0.5%がPAYトークン保有割合によって還元されます。株主配当のような感じ。

 

どんなカードがあるの?

ここではオススメのビットコインデビットカードをご紹介したいと思います。

VANDEL CARDバンドルカード

最初にご紹介するカードはVANDEL CARDです。

バンドルカードは日本国内で発行されているカードでVisa加盟店であれば世界中で使用する事が可能です。

 

また日本国内の取引所であるcoincheckと提携しておりコインチェックの口座ないにビットコインを入れておけばすぐにチャージする事が可能になります。

 

発行手数料・・・300円
年間維持費・・・4ヶ月間無料(以降100円/月)
海外利用・・・1回4.5%
ATM引き出し手数料・・・無料

 

Wirexカード

Wirexカードはイギリスの会社が経営しており、ドル・ユーロ・ポンド建てで利用する事が出来ます。

 

そしてビットコインデビットカードでは唯一masterCard加盟店でも利用することが出来ます。Visa/master両方で決済が可能になります。

 

発行手数料・・・17ドル
年間維持費・・・`12ドル
日本円での利用・・・1回ごと3%
ATMでの引き出し手数料・・・3.5ドル

便利なビットコインデビットカード(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

 

ビットコインを保有している方の場合、ビットコインデビットカードがあれば日常の中でもっと身近にビットコインを使う事ができるのではないでしょうか。

 

是非一度、ご自身に合ったビットコインデビットカードを作っていただき使ってみてください。もっと身近にビットコインを感じてもらえるのではないでしょうか。

-ビットコインについて

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.