ビットコインのテクノロジー

プルーフ・オブ・ワークについて《ビットコインのマイニングって何しているの?》

更新日:

ビットコインの特徴はいくつかありますが、その中でも皆さんの理解を妨げているのは「マイニング(採掘)」ではないでしょうか。

 

実際、今までの通貨ではなかった言葉ですし、色々説明されてもイメージが掴みづらいかと思います。

 

しかし「なぜマイニングをしなくてはいけないのか」という部分から考えると、少し理解を深めることができるかと思います。

 

今回はマイニングについて理解を深めるために「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」について解説してきたいと思います。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)ってなに?

PoWはProof of Workの略字で、直訳すると「作業の証明」なります。

 

ビットコインでは10分ごとに、送金情報をまとめてブロックを作り、それを繋いでいきます。これがブロックチェーンと呼ばれるものです。

 

それぞれのブロック生成の際には、ある「パズル」が設定され、マイニングに参加しているコンピュータは一斉にそのパズルの解答を見つけにいきます。そのパズルの解答をブロックにくっつけることによって、「作業の証明」となります。

 

ブロックチェーンのブロックを生成する権利があるのは、そのパズルを最初に解いたコンピュータだけです。そしてそのコンピュータにはマイニング報酬という形で決められたビットコインがプレゼントされます。

 

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)の問題点

ビットコインを運営する上で必要不可欠なPoWですが、最近では問題点も出てきています。

 

プルーフ・オブ・ワークのパズルは「ナンス」と呼ばれる値をただひたすらコンピュータの力を使って計算し続けるだけで、その行為自体になんの意味もありません。

 

純粋なコンピュータの計算力をはかるのため、多くの電気代もかかってしまいます。

 

そうなると最近では、電気代の比較的安い地域、中国などに「マイニングプール」という形でマイニング専用のコンピュータを集め、巨大な資金を使ってマイニングをし続けているという状態、マイニングの寡占化が進んでしまっています。

 

何が問題となるかというと、ビットコインのブロックチェーンはマイニングを行わない場合、ブロックを生成することができず、取引履歴の記録ができなくなってしまうのです。

 

つまり巨大なマイニングプールを持つマイナーはビットコイン業界において大きな発言力を持つことになります。ビットコインのセグウィット分裂問題はまさにここから発生した問題でしたね。

 

最近ではプルーフ・オブ・ワークに変わる方法、たとえばプルーフ・オブ・ステークスなども開発され、ビットコイン以外の仮想通貨で採用されているものもあります。

 

マイニングを理解するためにはPoWの理解を(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

 

マイニングはパズルを一番最初に解いた人にブロック生成の権利と報酬の授与が行われると考えれば、少しイメージできるのではないでしょうか。

 

その考え方としてPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を理解していただければ分かりやすいかと思います。

 

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)の考え方はビットコイン以外の仮想通貨でも採用されていますが、イーサリアムなどは将来的にプルーフ・オブ・ステークスへと変わるということが決定しており、なかなか問題のある方法なのかもしれません。

-ビットコインのテクノロジー

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.