ビットコインのテクノロジー ビットコイン取引所

Bitcoin(ビットコイン)取引所の選び方!セキュリティについて

更新日:

ビットコインの売買取引を行いたいと思ったときには、ビットコイン取引所で口座開設をしておく必要があります。

 

ビットコイン取引所によって、様々な特徴がありますが、中でも注目してほしい部分としては「セキュリティ」の部分です。

 

ビットコイン取引所のセキュリティは取引所によって最重要な部分であると言っても過言ではありません。

 

過去には内部管理の杜撰さから発生した「MtGox事件」。外部セキュリティの甘さから発生した「Bitfinex事件」。などその取引所を利用していた方の資産を失ってしまう事件がありました。

 

その事件を受けて、取引所では様々なセキュリティサービスを行っていますが、専門的な言葉ばかりでピンとこない方も多いかもしれません。

 

今回はビットコイン取引所が行っているセキュリティ施策について、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

ビットコイン取引所のセキュリティ・サービス

マルチ・シグネチャ

マルチ・シグネチャとは、ビットコインのセキュリティを語る上で外せないテクノロジーです。

 

「マルチ」は複数、「シグネチャ」は署名という意味で、仮想通貨業界で署名というのは、送金などの許可のことを指すケースがほとんどです。

 

つまり「マルチ・シグネチャ」というのは、ビットコインを送金する際は複数の許可を得ないと送金できないというシステムです。

 

マルチ・シグネチャをウォレットに実装することによって、高いセキュリティを持ったウォレットになります。

 

例えるなら、家の鍵を二箇所つけるような感じですね。侵入しようとする場合に両方の鍵を開けなくてはいけないので、かなり時間がかかってしまい、親友を達成できなくさせるということです。

 

コールドウォレット

デジタル上のハッキングというのはネットワークにつながっているからこそ、狙われます。ビットコイン取引所で保管しているビットコインをネットワークから隔離、LANケーブルを抜いてしまうことで、誰もその情報にアクセスすることができなくすると言う方法です。

 

必要な時に必要な分をネットワークに上げるのですが、もし全てのビットコインをコールドウォレットに保管してしまうと、毎回LANケーブルを繋がなくては(もちろんもっと複雑なシステムですよ!)いけないので、かなり送金の反映が遅くなってしまうというデメリットはあります。

 

なのでビットコイン取引所によって違いますが、自社保有ビットコインの何割かをコールドウォレットで、残りをネットワークにつながっているホットウォレットに保管するという方法で管理しているところがほとんどです。

 

二段階認証

例えばいつも使っているPCを盗まれてしまい、そのビットコイン取引所にログインされてしまったらどうなるでしょう(ああIDとパスワードはブラウザ上で保存されているから入力済みでした!)。

 

あなたに残されるのは全ての資産が他人の口座に移された後の無残なビットコイン取引所でしょう。

 

そうならないためにどうすればよかったのか。それが二段階認証です。

 

設定によりますが、ログイン時、送金時、売買取引時などに、お手元のスマートフォンの専用アプリか、登録してあるメールアドレス宛に認証用コードが届きます。

 

その認証コードを入れないと行動が完了しません。

 

キチンと二段階認証を登録しておけば、万が一PCが盗難にあってしまっても、ビットコイン取引所内の資産が全てなくなってしまうということは避けられます。

 

不正ログインなどのハッキングに対しての補償

どんなにセキュリティを高めても、何が起こるか分かりません。

 

もしかしたら思いもよらない方法で、あなたの資産を奪いに来るかもしれません。

 

そんなとき国は無力です。まだビットコインなどの仮想通貨周辺の法整備が未発達のため、盗まれたあなたのビットコインは返ってきません。

 

しかしご安心を。取引所によっては不正に失ってしまった資産を保険会社が補償してくれるところもあるのです。

 

国内だと「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Coincheck(コインチェック)」「GMOコイン」が保険会社と提携し、万が一の取引所に入れておいた資産がハッキングなどで、消失してしまったときにある一定額まで補償してくれるという保険です。

 

転ばぬ先の杖ということですね。

 

資産の分割管理

今までのセキュリティは外部からの攻撃に対しての対策でした。この「資産の分割管理」については、ビットコイン取引所内部についてのセキュリティです。

 

過去にあった事件「MtGox事件」では、CEOが取引所にあるべき資産も自分で使っていたというのが、一番の問題で、CEOはその件で起訴されました。

 

その事件をきっかけに「取引所としての運用資金」と「お客様から預かった資金」を明確に分離することが取引所には求められ始めました。

 

ビットコイン取引所のセキュリティ(まとめ)

ビットコイン取引所のセキュリティがおろそかだと、その取引所を使っているユーザーは最悪すべてを失ってしまう可能性があります。

 

自分を守るためにもセキュリティについては、自分で理解した上で取引所を選びましょう。

 

セキュリティに定評があるビットコイン取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

口座開設 詳細
Coincheck(コインチェック)

口座開設 詳細
GMOコイン

口座開設 詳細

 

-ビットコインのテクノロジー, ビットコイン取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.