ビットコインの投資

投資家に人気!ビットコインの値動きが大きい理由!

更新日:

Bitcoin(ビットコイン)はネット株やFXのように売買取引が可能です。

 

価格が上昇したり下降したりするときにトレードを行い、利益を得ることも可能です(もちろんその逆もありえますが…)。

 

最近、FXの取引高が落ちてきているという情報があります。

 

FXで取引を行っていた投資家がビットコインの取引に移行してきているというのは無関係ではないかと思います。

 

今回は投資先としてビットコインの魅力である値動きの大きさ(ボラティリティ)について説明していきます。

ビットコインの値動き(ボラティリティ)が大きい理由

新しい技術のため、情報に対して市場が敏感

ビットコインは過去に前例のない通貨です。

 

新しい技術が導入されるとか、ハードフォークなどの分裂が起こるなど、今まで聞いたことのない理由で上下することがよくあります。

 

その技術や出来事がどれくらいの価値があるのかを市場参加者がまだ判断できていないという状況なので、少しでもプラスになるような情報が出回ると一気に価格が上昇します。

 

またハードフォークの噂が流れたときも、分裂したビットコインに価値が出れば、無料で仮想通貨を受け取れると考えた投資家がたくさんビットコインに流れ込むこともあります。

 

市場参加者や取引量が少ない

ビットコインは利用者がドンドン増えていますが、それでもその国の人が使っている法定通貨や株式に比べるとまだまだ少ないというのは事実です。

 

そういうマーケットでちょっとでも大きなビットコインの取引があると、それに合わせて価格の上下が発生します。

 

もっと市場参加者が増えれば落ち着いていくことでしょう。

 

機関投資家が参加していない

ビットコインの市場には証券会社や銀行などの機関投資家がまだマーケットに参加していないと言われています。

 

彼らにとってはまだ十分なマーケット規模がないのでしょう。その分、非常に素直な値動きをしていますが、一旦上昇もしくは下降のトレンドが発生するとなかなか止まらないと言われています。

 

非中央集権である

日本円などの法定通貨はもし価格の上昇下降が激しかったときに、新しい通貨を発行するなどを行い、その価格調整を行います。

 

ビットコインの最大の特徴として非中央集権というのがあり、価格の急激な上下に対応する方法がないというのは、事実であり通貨としての問題点でもあります。

 

またビットコインのシステムについて改善の意見が出た場合でも、それぞれの立場から自分の主張をすることにより、収拾がつかないということも多々存在します。

 

ビットコインの値動き(ボラティリティ)の大きさとうまくつきあう(まとめ)

ビットコインの価格はものすごい勢いで上昇しています。

 

またそれと同時に一気に落ちることもあります。

 

これを乗りこなすためにオススメの方法は「ビットコインFX」と呼ばれる取引方法です。

 

ビットコインFXで取引を行えば、価格が上がったときには「レバレッジ」をかけて大きく、下がったときには「売り」で注文を出すことによって、利益を得ることができます。

 

このチャンスをうまく掴んで、有利なビットコイン取引を行いましょう。

-ビットコインの投資

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.