ビットコインのテクノロジー

金融革命!ビットコインの仕組みについて解説

更新日:

仮想通貨とも暗号通貨とも言われるBitcoin(ビットコイン)。

 

2017年になってからその価格はとどまることを知らず、11月にはついに1BTCあたり100万円を突破しました。

 

そろそろ皆さんの周りでも話題に上がることが多くなってきたのではないでしょうか。

 

今回はそんなビットコインを技術的な部分から、解説したいと思います。

 

売買取引を行うためには必要ないかもしれませんが、知っていればビットコインの価値と持っている可能性についてイメージしていただければと思います。

残高・これがビットコインの最新技術だ!「ブロックチェーン」

ビットコインの最も特徴的な技術としてはブロックチェーンがあげられます。

 

これはビットコインのネットワーク全体で管理している取引帳簿です。

 

皆さんがビットコインを送金したなどの、履歴は全て記録されています。

 

ビットコインの場合、1ブロック10分ごとに生成されて、そのブロックが承認されてチェーンにつながれた後には、誰もその情報を改ざんすることができないようになります。

 

もし改ざんしようと思った場合には、世界中の全てのビットコインネットワークに参加している全てのパソコンの51%を書き換える必要があり、現実的には無理だと思っていいでしょう。

 

取引・これもビットコインの最新技術だ!「秘密鍵・暗号キー」

ブロックチェーンに記録されている取引履歴は誰でも見れるようになっています。

 

それだけだと誰のビットコインなのかは分からない状態になってしまいますが、ビットコインの取引を行った時点で「秘密鍵・暗号キー」という数字や英語の文字列で作られた暗号が発行されます。

 

その「暗号鍵・暗号キー」を持っている人がそのビットコインを所有していることの証明になるのです。

 

処理・これもビットコインの最新技術だ!「マイニング(採掘)」

ビットコインの信頼性というのは、ある一つの国や団体が担保しているのものではなく、ビットコインネットワーク全体で承認しているものです。

 

ビットコインの取引が発生すると、そこで「秘密鍵・暗号キー」が発行されるということは説明しました。この取引を承認するために、マイニング(採掘)と呼ばれる処理を行います。

 

これは全世界のマイナーと呼ばれるマイニングをするためのコンピュータを使って行います。

 

そして一番最初にブロック生成のための承認に成功したコンピュータに報酬としてビットコインが支払われることになります。

 

ビットコインの技術(まとめ)

今世紀最大の発明とも言われるビットコインですが、やはりその技術には目を見張るものがあります。

 

本来価値が生まれることがない何のバックボーンもないネット上の通貨を、全員で承認することによって価値を生み出しています。

 

ビットコインは今後、世界の金融システムに対して、大きな影響を与えることは間違いありません。

 

今のうちに手に入れておくことをオススメします。

-ビットコインのテクノロジー

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.