バイナンスおすすめ銘柄 ビットコイン取引所

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の評判と口座開設ログイン方法について徹底的に分かり易く解説/不安を解消!

更新日:

仮想通貨取引をする中で最近Binance(バイナンス)という取引所が良いらしい、という噂をよく聞きませんか?

今まで日本人の方がよく使っていた海外取引所と言えば、Bitfinex(ビットフィネックス)、Bittrex(ビットレックス)、Poloniex(ポロニエックス)などが有名ですよね。

私も今までは上記の三つの取引所口座を使用していましたが、最近ではBinance(バイナンス)の便利さに気づきメイン取引所口座をBinance(バイナンス)へ変更しました。

 

Binance(バイナンス)は取引手数料も従来の取引所より圧倒的に安く、インターフェイスは日本語対応、コインチェックなどの日本の取引所からの送金も簡単で、ユーザーの投票によって上場コインが決まるなど利用者の満足度を追求する取引所と言えるのではないでしょうか?

アルトコインの取引をしたり、現在コインチェッックの口座をお持ちで手数料が高いなと思われている方には海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)がオススメです。

中国の取引所という事で不安だな〜と思われる方も多いと思います。
そんな方の為にBinance(バイナンス)がどんな取引所なのか?

安心していただける情報と口座開設の方法についてまとめてみましたのでご覧ください。

なお、2017年12月17日にBinance(バイナンス)は世界一の取引高をほこる仮想通貨取引所になりました。現在口座開設が殺到しており1日の口座作成に制限がかかっています。タイミングによっては1日の制限を超え、口座開設が出来ない場合がございます。

カレンくん
バイナンスってそんなに便利な取引所なのか!使ってみたいな!
クリプト先生
それじゃあバイナンスについて解説していこう

Binance(バイナンス)とは?

バイナンスは2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。

開設してから3ヶ月で取り扱い出来高が世界トップ10入りするほどの成長を見せました。
(2017年12月には24時間の総取引高で世界一を取ってしまいました)

2017年9月から取引ツールの日本語対応も開始、日本支社の開設も予定されており、日本人ユーザーを増やしている注目の取引所です。

※2018年1月なぜか取引ツールが日本語対応ではなくってしまいました。ご注意ください。

カレンくん
すごい勢いで成長してるな。なんでこんなに人気なんだ?
クリプト先生
バイナンスは顧客目線のサービスを意識してるから成長していっているんだ。

Binance(バイナンス)の登録口座数

2017年12月29日現在 のバイナンスの登録口座数は300万人でビットフライヤーの60万口座の5倍。そしてどんどん登録口座数は伸び続けています。

とても勢いのある取引所であることがわかりますね。

Binanceバイナンスのどこがいいの?メリット解説

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のどこがいいのか?簡単にメリットを解説していきたいと思います。

クリプト先生
ここからはバイナンスがどんな点が優れているのか説明していきますね。

その1 取り扱い通貨が多い

2017年12月現在で取り扱い通貨が100種類以上あり、日本のCoincheck(コインチェック)では取り扱っていないような1円台の通貨が沢山あります。

そしてBinance(バイナンス)は取り扱い通貨をユーザーの投票で決めるなど非常にユニークでユーザー目線のサービスも展開しており、200種類以上の仮想通貨の取扱があるBittrex(ビットトレックス)を抜いてしまうのも時間の問題と言われています。

クリプト先生
まだ有名では無い草コインが沢山あるんです

※あまり世間的に注目度が高くないアルトコインのことは草コインと呼ばれています。

カレンくん
へ〜こんなに取り扱い通貨があるんだ。日本の取引所では見たことのないような10円未満の通貨がいっぱいあるな。

その2 手数料が0.1%。取引手数料が安い

Binance(バイナンス)の取引手数料は0.1%。Poloniex(ポロニエックス)が0.15%~0.25%、Bittrex(ビットトレックス)が0.25%であるとこからも取引手数料はかなり抑えられているということがお分かりになるかと思います。

Bittrex Poniex Binance
Meker手数料 0.25% 0.15% 0.1%
Taker手数料 0.25% 0.25% 0.1%
クリプト先生
ちなみに日本国内の仮想通貨取引所Coinchek(コインチェック)は大体3%程度の手数料が乗せられて販売されてますから、Binance(バイナンス)と比較すると30倍手数料がかかってしまうわけです。
カレンくん
30倍も違うのか!それはすごい。
クリプト先生
例えばだね

【Coincheck(コインチェック)の場合】
Coincheck(コインチェック)で100万円分XRP(リップル)を購入して売却した場合、3%が売り買いでかかりますので、買い手数料3万円+売り手数料3万円、合計6万円が売買手数料としてかかってしまいます。

【Binance(バイナンス)の場合】
バイナンスの場合、売り買いで0.1%が二回かかりますので、100万円に対して 0.2%、2000円の手数料でいいんです

100万円分のリップルを購入した場合の手数料 購入手数料 売却手数料 合計
Coincheck(コインチェック) 3万円 3万円 6万円
Binance(バイナンス) 1,000円 1,000円 2,000円
カレンくん
同じコイン買ってるのにこんなに手数料が変わるのか。通りでCoincheck(コインチェック)でコインを売却するときに資産がエライ減ってると思ったぜ!

その3 ビットコインの分裂時にハードフォークコインがもらえる

今までBinance(バイナンス)はビットコインが分裂するたびビットコインダイヤモンドやビットコインゴールドなどのハードフォークコインをバイナンスにビットコインを預けているだけで配布しています。

Binance(バイナンス)は今後ビットコインの分裂コインは全て配布することを公式ツイッターで宣言しています。

クリプト先生
つまり、バイナンスにビットコインを預けているだけでハードフォークコインがもらえて、資産が自動的に増えるわけです。
カレンくん
なるほど〜そりゃあバイナンスを使いたくなるな

その4 日本語対応している※2018年1月未対応になりました…

日本語対応している取引所ではkraken(クラーケン)やKu-coin(クーコイン)などが有名ですが、Binance(バイナンス)も日本語対応しており、取り扱い通貨も100種類以上という日本人でも顧客満足度の非常に高い取引所と言えるのではないでしょうか。

※2018年1月から取引ツールの言語を日本語に変更することができなくなってしまいました…

 

クリプト先生
あとは気になる点は「中国の取引所」っていうところですよね?
カレンくん
確かに中国っていうだけで仮想通貨関係はちょっと心配だな。その辺は大丈夫なの?

中国の取引所だけど大丈夫?

2018年、中国の金融当局は仮想通貨取引に対して規制を行っています。

Binance(バイナンス)は大丈夫なの?と心配になる方も多いでしょう。
すでに2017年9月に中国金融当局は仮想通貨廃止を決めています。
そして仮想通貨保有者に対して10月末までに換金を促していました。

その結果OKコインもBTCチャイナ、Huobiなどの中国大手仮想通貨取引所も閉鎖に追い込まれてしまいました。

クリプト先生
それなのにバイナンスはなぜ、大丈夫なのか?気になるよね。 実はバイナンスの本社は香港にあり、中国の規制とは別のルールで管理されているからなんだ。
カレンくん
香港なら中国の規制対象外ということなのか?ちょっと難しいな

Binance(バイナンス)の本社は香港だから大丈夫

香港は中国の中でも特別行政区に指定されており規制の対象外とされております。

ですので、Binance(バイナンス)は中国金融当局の規制対象外になるなる為、仮想通貨取引ができるのです。

中国特別行政区に指定している都市は「香港」と「マカオ」になります。

Huobiは過去に中国金融当局の規制により閉鎖に追い込まれましたが、現在Huobi-proとしてマカオで営業を再開しています。

OKコインもOKExとして香港で営業を再開しています。

クリプト先生
このように香港とマカオであれば今の所、中国政府の規制を受けないんだ。

しかし、いつ中国政府が香港とマカオに対しても規制をするかはちょっと分からないよ。
規制は入らないと100%言い切れないのが正直なところなんだ。

カレンくん
そうか…なかなかうまくいかないもんだな…。でも何かしらの手はうっているんだろ?
クリプト先生
実はバイナンスは現在本社を移転する計画をしてるんだ

本社を香港からケイマンへ

Binance(バイナンス)は現在、本社を香港からケイマン諸島へ移転させる計画をしています。

ケイマン諸島は西インド諸島の一つ、イギリスの海外領土であり、人口57,000人ほどの三つの島からなる国です。

クリプト先生
この移転計画により、もし万が一にも中国政府が香港に拠点を置くバイナンスに対して規制をかけてきたとしても、既に中国の会社ではありませんので安心ですね。
カレンくん
あーすっきりした。これで中国の規制を気にせず取引ができるってわけだ。
クリプト先生
もちろんそうだけど、世の中に絶対はないからね。そこはどの取引所を使っても一緒だけどね。

 Binance(バイナンス)と日本の仮想通貨取引所を比較

ここではBinance(バイナンス)の口座を使った場合と、日本の取引所口座を使った場合とどれだけ利益に差が出るのか?分かりやすく比較してみたいと思います。

ちなみにbitFlyer(ビットフライヤー)もCoincheck(コインチェック)も「取引所」ではなく「販売所」業務がメインになっています。

取引所とは?簡単にわかりやく説明してみた

クリプト先生
取引所とは仮想通貨を売りたい人と買いたい人を結びつけて仲介する形なんだ。この仲介手数料がバイナンスは0.1%なんだ
カレンくん
てっことは実際に売りたいと言ってる人の価格と買いたいと言ってる人の価格が一致すれば取引が成立するわけだから手数料は少なくてすむわけだな

販売所とは?簡単にわかりやく説明してみた

カレンくん
販売所のほうはどうなんだ?
クリプト先生
販売所は運営会社が別の取引所で買った仮想通貨に手数料を乗せて買いたい人に販売してるんだよ。
カレンくん
別の取引所で買った仮想通貨?どういうことだ?
クリプト先生
実はCoincheck(コインチェック)などの販売所はbittrex(ビットトレックス)などの海外取引所から仮想通貨を買い付けているんだ。その買い付けた仮想通貨に手数料を乗せて販売しているんだ。取引所でXRPを買うと100円、でも販売所で買うと103円かかってしまうような感じかな?
カレンくん
だとすると取引所で購入した方がお得に決まってるぜ
クリプト先生
売買手数料についてはその通りだね。
カレンくん
Binance(バイナンス)を使った場合と日本のCoincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)を使った場合どれくらい違うのかな?!

Binance(バイナンス)とCoincheck(コインチェック)を比較

日本の取引所との差がどれくらいあるか見てみたいと思います。

クリプト先生
例えばコインチェックで300円のリップルを購入しようとすると、309円かかるわけだね。
カレンくん
なるほど、じゃあバイナンスだとどうなるんだ?
クリプト先生
バイナンスで300円のリップルを買った場合、10銭(0.1円)しか手数料がかからないから、ほぼ300円だね。だから買った瞬間に資産が大幅にマイナスになる事はないんだよ。販売所だと購入直後は必ず資産が目減りするよね、それが販売手数料なんだよ。
カレンくん
販売所と取引所について知ってると知らないでこんなに変わるのか

 

Binance(バイナンス)とbitFlyer(ビットフライヤー)を比較

bitFlyer(ビットフライヤー)とBinance(バイナンス)で取引した場合にどれだけ利益に差が出るか見ていきましょう。

クリプト先生
コインの種類にもよりますがビットフライヤーもビットコインを買う時と売る時の差が3%離れているのがわかりますね
カレンくん
ってことは3%値上がりして初めてプラスマイナスがゼロになるってわけか
クリプト先生
バイナンスの場合だと手数料は0.1%だからそんなに気にならないね

Binance(バイナンス)の口座を上手に使う方法を解説

クリプト先生
コインの銘柄によって取り扱いがある取引所、ない取引所があり、その銘柄によって取引所を上手に使う必要があります。 ここでは上手な取引所の選択の仕方をお伝えします。

NEM(ネム・XEM)は国内取引所Zaif(ザイフ)で購入する

ビットコイン、その他のアルトコインはBinance(バイナンス)で購入する

カレンくん
なるほど!バイナンスにはNEM(ネム・XEM)はまだ上場してないんだな!
クリプト先生
そう。ネム以外はバイナンスで取引できるね。

バイナンスの口座開設方法を簡単解説

ここまで読んでいただけるとバイナンスの口座を作っておいた方が良い事がおわかりいただいけるかと思います。

ここからはバイナンスの口座開設方法について分かりやすく解説していきます。

クリプト先生
バイナンスの口座開設はすごく簡単なんです!

1. メールアドレスとパスワードの登録
2.パスワードの登録
3.本人確認によるLV2アカウントへの移行(出金制限をなくす)

バイナンスは本人確認が無くても1日の出金額が2BTC以下であれば取引が出来てしまうので、すぐにスタート出来てしまいます。

メールアドレスとパスワードを登録

まずはバイナンスの公式サイトを表示してメールアドレスを登録しましょう!

Binance(バイナンス)の公式サイト


日本語表示をクリック

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

クリプト先生
登録をクリックしてメールアドレスとパスワードを登録します。

1,メールアドレスとパスワードを入力

2,利用規約へのチェック

3,登録をクリックします

 

 

カレンくん
パズルを横にシュッと動かして、穴に当て込む感じ!

カレンくん
登録したアドレスへメールが届きますのでそちらから再度ログインをしましょう!

 

二段階承認の設定

クリプト先生
続いて二段階承認について説明して行きます。

現在ほとんどの取引所が二段階認証を強く推奨しています。

Bainance(バイナンス)でも二段階認証をしっかり設定しておきましょう。

カレンくん
大切な資産だからこそ、セキリティは大事だからな

 

ホーム画面でアカウント情報ボタンをクリックするとこの画面が現れます。

Google検証をクリックし二段階認証を設定していきましょう。

 

 

あとはスマホに「Apple Store 」または「 Google Play Store」から、「Google Authenticator」をお使いのスマホにダウンロードし設定していきましょう。

カレンくん
これで二段階認証も完了!
クリプト先生
次は本人確認書類の提出だね

本人確認の流れ

続いて本人確認の流れについて説明していきたいと思います。

Binance(バイナンス)は本人確認をしていない場合、1日の出金額が2BTC以下に制限されてしまうため本人確認はしっかりやっておきましょう。

カレンくん
なるほど、本人確認無しでも取引は出来るけど制限がついちゃうんだな!
クリプト先生
海外の取引所だけどパスポートがなくても免許証での対応も出来るところもBinance(バイナンス)のいいところだよね

身分認証完成をクリックします

名前を入力

性別を選択

国を選択

パスポートまたは免許証番号を入力

 

パスポートの場合はパスポートの表紙ページの写真を送りましょう。

免許証を提出する場合は免許証の正面の写真とメモ紙で大丈夫なので英語表記で住所、名前、誕生日、提出日を記載しましょう。

パスポートの場合は写真の載っているページを提出しましょう

免許証を提出する場合は裏面の写真を入れましょう

 

最後に

・証明書の写真、登録番号が見えるように

・币安Binanceと書いたサイン

・日付

・自身の顔写真

を上記のように撮影し提出します。

カレンくん
これで完了ってわけだ
クリプト先生
一応本人確認なしでも取り引きはできるので、Coincheck(コインチェック)などの口座からBinance(バイナンス)にコインを送ってみるといいですね!するとすぐに取り引きがスタートできるかと思います

まとめ

Bainance(バイナンス)の特徴、評判、口座開設の方法についてまとめてみました。

2018年1月4日、1日で25万件以上の口座開設の申し込みがあったため一時新規口座開設がストップしているようです。

まずはBainance(バイナンス)の口座を開設し便利なアルトコインの取引を楽しんでみてください。

-バイナンスおすすめ銘柄, ビットコイン取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.