アルトコイン

Monero(モネロ)ってどんな仮想通貨?購入方法は?

更新日:

Monero(モネロ)はエスペラント語で通貨の意味を持つ言葉です。

 

Monero(モネロ)はDASH(ダッシュ)やZcash(ジーキャッシュ)と同じく、「匿名性」の高い仮想通貨として人気があります。

 

通貨の単位はXMRです。

 

今回は、そんなMonero(モネロ)の特徴と購入方法について説明したいと思います。

Monero(モネロ)ってどんな仮想通貨?

仮想通貨Monero(モネロ)は匿名性に優れた仮想通貨です。Zcash(ジーキャッシュ)やDASH(ダッシュ)などと方向性は似ていますね。

 

Monero(モネロ)の特徴

仮想通貨Monero(モネロ)は「リング署名」と「ワンタイムアドレス」という技術を使って、その匿名性を実現しています。この2つを合わせて「ワンタイムリング署名」と言います。

 

リング署名

Monero(モネロ)の取引履歴を記録する際に、その取引を分解、更に他の取引と混ぜ合わせて公開する形にしてしまい、第三者からしてみると誰が誰に送ったのかがほとんど分からないようになっています。

 

このシステムのことをリング署名と言います。署名というのはその取引が正当なものであると第三者が承認することですね。承認する人は分解・混合された取引に対して署名するとう形になります。

 

ワンタイムアドレス

ビットコインでは自分のアドレスは1つで、受け取る際にはそのアドレスを公開する形になります。

 

Monero(モネロ)でも自分のアドレスはあるのですが、受け取りの際に、毎回別のアドレスを作成し、そこを経由してから自分のウォレットにMonero(モネロ)が入るという流れになります。

 

Monero(モネロ)の価格推移

2017年の8月くらいから一気に上がっていますね。

 

ここでは韓国の大手仮想通貨取引所「bithumb」がMonero(モネロ)の取扱を開始したからだと考えられます。

 

Monero(モネロ)の今後

Monero(モネロ)はその匿名性により、マネーロンダリングなどの犯罪、非合法なもの売買などに使用されてしまうという危険性があります。

 

事実非合法な商品が多く売買されているダークマーケットAlphaBay(アルファベイ)で使用されています。非合法な取引所で使用されているということは、流通量や取引量は多くなり、通貨としての価値が上昇するでしょう。

 

個人的に危険だと思っているのは、国、金融庁による規制です。国内での取引に規制がかかってしまうと、その価値は暴落してしまう可能性があります。

 

仮想通貨は非中央集権なので、取引を完全に制限することは難しいかもしれませんが、その国の規制のせいで、国内の取引所での取扱が停止となってしまうと、価格が下がることは避けられないでしょう。

そのような最悪の事態の前にどのような対応が可能なのかを、事前に対策することが重要でしょう。

 

アメリカでは2017年5月に金融取引報告義務が仮想通通貨取扱業者にかせられる法案が提出されました。この法案が可決されたら、仮想通貨取引所は国に対して全ての取引内容の報告が義務付けられることになります。

 

ビットコインなどは取引履歴は全てブロックチェーン上に記録されているので報告は簡単ですが、Monero(モネロ)などの匿名性の高い通貨の取引履歴を報告するのはかなり難しいといっていいでしょう。その結果Monero(モネロ)が仮想通貨取引所で扱われるのを停止してしまうかもしれません。

 

技術的にはかなり将来性を感じる通貨なだけ、法律などで潰されてしまうのは残念ですね。

 

Monero(モネロ)を購入できる仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

口座開設 詳細

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.