アルトコイン

LISK(リスク)ってどんな仮想通貨?購入方法は?

更新日:

LISK(リスク)は2016年5月に公開された仮想通貨です。単位はLSKとなっています。

LISK(リスク)は仮想通貨それ自体を指すのではなく、イーサリアムのようにプラットフォームの名前です。

 

比較的新しい仮想通貨なのにも関わらず、時価総額は上位にランクインしており、Coincheck(コインチェック)にも上場されています。

 

今回は、そんなLISK(リスク)について、特徴や購入方法について説明していきたいと思います。

リスクの特徴

開発言語にJvaScriptを利用している

サイドチェーンを使用している

スマートコントラクト

開発言語にJvaScriptを利用している

ちょっとでもプログラミングのことを知っている人なら「JavaScript(ジャバスクリプト)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

パソコンやスマートフォン、最近では家電でも使われるようになりました。世界中で多くの人が使っているプログラミング言語のため、開発者もかなりの数に上ります。

 

LISK(リスク)はそんなJavaScriptを使って開発されています。これにより、今後LISK(リスク)は様々な人が改善のためのアップデート提案ができるようになり、よりより仮想通貨になることが期待できます。

 

サイドチェーンを使用している

ビットコインなどの仮想通貨にはブロックチェーンという技術を使って、その取引履歴を記録していることは、ご存知かと思います。

 

LISK(リスク)ではメインのブロックチェーンとは別にサイドチェーンというブロックを用意して、サイドチェーンに情報を記載していきます。ブロックチェーン本体にはサイドチェーンへのリンクを貼っていくだけという感じです。これにより、イーサリアムで起こったThe DAO事件などのハッキング被害が発生してしまった場合にも、ハードフォークなど最終手段に頼る前に、回避する方法を採択することが可能となります。

 

またブロックチェーン本体に記録される情報が少なくなるため、処理速度も上昇しています。

 

スマートコントラクト

LISK(リスク)はイーサリアムと同じくスマートコントラクトという機能を持っています。ビットコインはブロックチェーン上に取引履歴のみが記録されるだけでしたが、スマートコントラクトを実装している仮想通貨は取引履歴に付随して、契約情報も付与することができます。

 

ブロックチェーン上で自動販売機のような売買取引が可能となるといえば、分かりやすいでしょうか。

 

LISK(リスク)の誕生

LISK(リスク)は2016年5月にMax Kordek氏とOlivier Beddows氏によって、「Crypti(クリピティ)」という仮想通貨から分裂して誕生しました。

 

この時に「ICO(新規仮想通貨公開)」という方法を使い、開発資金を一気に集めました。結果580万円(約5億9千万円)という巨額の資金の調達に成功しました。当時は世界で2番目に多い額でした(最近だとCOMSAが100億以上調達していますので、あまり多くないように見えてしまいましが、十分にすごいことです)。

 

LISK(リスク)はその開発言語にJavaScriptを使用しており、誕生した思想としては、技術者がもっと簡単にブロックチェーンを使ったシステムやアプリケーションを開発できたらいいというものでした。その結果、今後ICOのプラットフォームとして使用されることにも期待がかかります。

 

LISK(リスク)の価格推移

2017年4月から徐々に値上がりしているのがわかります。

 

この時期は他の仮想通貨の価格も上がってきていたので、これといった要因があるわけではないのですが、LISK(リスク)の開発者がネット広告を出し始めたのこの時期なので、多少関係があるかもしれません。

 

基本的にはイーサリアムと同じ値動きをしていましたが、急激に上がったのは8月末です。ここではLISKのアップデートに対して大きな期待が集まったからだと思います。その後そのアップデートは12月に延期となりましたが、その期待感は非常に大きいものがあります。

 

そして11月に入ってからも更に右肩上がりで価格が上昇しています。12月に予定されているアップデートと11月22日にベルリンで開催されるミートアップが要因だと考えられます。ミートアップは簡単に言うと発表会のようなもので、何かしら重要な発表があるという期待が膨らんだ結果が、11月の価格上昇につながっているのでしょう。

 

LISK(リスク)の今後

LISK(リスク)はどこかの大手金融機関との提携などで、値上がりしたということはなく、LISK(リスク)としてのマーケティングとアップデート情報で値上がっているので、その技術やプラットフォームについては、かなり評価が高いと言えるでしょう。

 

今はイーサリアムの弟分のような立ち位置ですが、ICOのプラットフォームとして認知され始めたり、開発環境として技術者が着目し始めれば、もっと値上がるかもしれません。

 

LISK(リスク)を購入できる仮想通貨取引所は?

Coincheck(コインチェック)

口座開設 詳細

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.