ビットコインについて ビットコインの注意点

ドンドン増えるビットコイン《乱発されるハードフォーク》

更新日:

2017年夏、ビットコインから分裂(ハードフォーク)してビットコインキャッシュが誕生しました。

そしてそのビットコインキャッシュは取引所に上場して、値段がつきました。

なんだかんだでビットコインキャッシュは仮想通貨の中では時価総額3位という堂々たる地位を確保しました。

ビットコインキャッシュの成功を受けて、様々なところでビットコインのハードフォークの噂が流れています。

今回はビットコインの分裂について説明していきたいと思います。

増え続けるビットコイン分裂の理由

2017年の年末が近づいたころくらいから、ビットコイン分裂の噂が各所で立ち上がり始めました。ビットコインキャッシュの成功を受けてということがその理由だと言われています。

最初に覚えておいて欲しいこととしては、ビットコインからハードフォークして誕生したコインはビットコインとは違うもの、すなわちアルトコインであるということです。

アルトコインを最初から作ろうとすると、ユーザーやマイニングを行うマイナー、開発者を集めるのが困難なため、ビットコインからハードフォークして新しい仮想通貨を作るという考えでハードフォークを検討するということもあります。

やはり自分たちで主導した仮想通貨の価値が上がれば、その開発者にもたらされる利益は莫大なものとなります。

私たちユーザーはそのハードフォークは必要なことなのか、新しく誕生する仮想通貨は意味のあることなのかを厳しい目線で評価する必要があると思います。

 

ビットコイン分裂の未来

現在の頻発しているビットコイン分裂の噂はビットコインキャッシュの成功を受けてのことなので、長期的には収まっていくと思います。いわゆる一過性のブームですね。

ビットコインゴールドから始まり、ビットコインダイヤモンド、ビットコインキャッシュプラスなど2017年年末にかけて様々な噂が飛び交っています。

よほどの思想と賛同者がいない限りは消えていくコインだと思っておいていいかと思います。

マイナーもユーザーもいなくなれば、勝手に消えてきます。

問題なのが現在のビットコインと同じくらいのマイナーやユーザーを獲得している場合です。そのあたりが拮抗してい場合は、新しい方に一気に流れる可能性があります。最悪の場合、現在のビットコインの価値がなくなってしまうことも考えられます。

情報のアンテナは常に立たせておいて、いつでも対応できるようにしておきましょう。

 

試されるビットコイン取引所の対応

私たちの対応としては最悪の事態だけを避ければいいくらいのスタンスですが、ビットコイン取引所はそうはいってられません。基本的にハードフォーク前にはビットコインの送受金を制限して、ハードフォークに備えます。ハードフォーク中に送受金を行ってしまうと、リプレイアタックなどの方法で不正にコインを入手することができるからです。

そして新しく誕生したコインを扱うか、ビットコインを所持している人へ新しいコインの配布は行うのか、などの手続きが必要となっていきます。

無駄なコストが発生してしまうのです。

結果的に我々のビットコイン取引所の利用手数料などに跳ね返ってくるかもしれませんね。

 

ビットコインのハードフォークは取引所にとっては迷惑この上ない(まとめ)

ビットコインの分裂(ハードフォーク)について、私たちはそれほど踊らされなくてもいいかと思います。

いずれは収束するでしょう。

しかしビットコイン取引所だけは大打撃を被ることとなるでしょう。

変な影響が私たちに無いことを祈るばかりです。

-ビットコインについて, ビットコインの注意点

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.