仮想通貨FX 仮想通貨取引所情報 海外取引所

CryptoGT(クリプトGT)の通貨ペアを使った取引(LTC編)

更新日:

「CryptoGT(クリプトGT)でLTC(ライトコイン)の取引をしたい!」
「LTC(ライトコイン)持ってるからFXの証拠金に使えないかな?」
「CryptoGT(クリプトGT)で取引出来るLTC(ライトコイン)の通貨ペアってどんなものがあるの?」

と考えている方に向けて、この記事ではとっても役立つ情報をお送りします。

カレンくん
CryptoGT(クリプトGT)には沢山の通貨ペアがあるんだよな!
クリプト先生
そうだね。その中でも今回はLTCの話だよ

 

↓合わせて読みたい↓

CryptoGT(クリプトGT)の取扱通貨ペアや取扱銘柄について説明!

LTC(ライトコイン)について

 

LTC(ライトコイン)は、BTC(ビットコイン)の次に歴史の古い通貨であり、時価総額ランキングで常に上位にあり、流動性のある主要通貨の一つです。

また、BTC(ビットコイン)と比べて取引スピードが速かったり、発行上限枚数が多かったりします。

発行枚数が多いことにより、需要供給のバランスが取れているため、急激な価格変動が起こりづらいというメリットがあります。
LTC(ライトコイン)は徐々に需要が高まっています。例えば「steam」というPCゲームやソフトウェアのダウンロード販売を行っているプラットフォームにて、決済方法として導入されています。
また、2018年から始まったLitePay(ライトペイ)という決済方法があります。VISA加盟店であれば使用でき、デビットカードとウォレットアプリを連動させておけば、ウォレットに入金しているライトコインを決済時に法定通貨に換金し使うことが出来ます。
今後は、使用できる店舗などが増え、LTC(ライトコイン)の使い道が増える事が考えられます。

カレンくん
今LTC(ライトコイン)を持っておけば、色々使えるかもしれないな
クリプト先生
更にFXで増やしておけばお得だね

 

CryptoGT(クリプトGT)でLTC(ライトコイン)を入金してみよう

 

LTC(ライトコイン)を入金するためには、まずCryptoGT(クリプトGT)のTraderRoomにログインします。
そこで、LTC(ライトコイン)のE-walletをクリックし、自分のE-walletのアドレスを取得します。
取得の方法はQRコードやアドレスのコピーなどがありますので、詳しくは公式サイトを参考にしてください。

また、実際に取引の証拠金として使うためには、LTC(ライトコイン)のMT5 Live 口座(アカウント)を作成しておく必要があります。

こちらもTraderRoomから作成し、先程E-walletに入金したLTC(ライトコイン)を資金移動で口座に移動します。

これで、LTC(ライトコイン)を証拠金として取引をすることが可能です。

 

CryptoGT(クリプトGT)でLTC(ライトコイン)の仮想通貨ペアを使って取引してみよう

 

先程はLTC(ライトコイン)の入金方法について説明しましたが、LTC(ライトコイン)の通貨ペアで取引をしようとした場合、LTC(ライトコイン)は証拠金でなくても構いません。
証拠金として入金する仮想通貨と、実際に取引をする仮想通貨ペアは全くの別物だと考えてください。

LTC/JPYの場合、1ライトコインを日本円で売買した場合の金額がチャートに表示されています。
また、チャート上にはAskとBidの価格が表示されていると思いますが、Askが「買い」Bidが「売り」の価格のラインなので、注意が必要です。

 

その他入金可能な仮想通貨一覧

CryptoGT(クリプトGT)には、LTC(ライトコイン)の他にも証拠金として入金出来る通貨があり、現在7つの仮想通貨で入金することが可能です。

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • DSH(ダッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XMR(モネロ)
  • XRP(リップル)

どの仮想通貨で入金した場合も取引が可能ですが、一つのMT5 Live 口座(アカウント)につき一つの仮想通貨が紐付いているため、複数の仮想通貨の金額を合算して証拠金にすることは出来ません。
また、取引所によっては証拠金の仮想通貨によってレバレッジの最大倍率が違う所がありますが、CryptoGT(クリプトGT)ではどの通貨を証拠金にしたとしても、最大200倍のレバレッジをかける事が出来ます。

その他沢山の仮想通貨ペア(2018年11月13日現在)

 

CryptoGT(クリプトGT)には、現在48種類の仮想通貨ペアがあります。
その中で、LTC(ライトコイン)が関連している仮想通貨ペアは下記の通りです。

  • LTC/USD
  • LTC/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/LTC
  • BTC/LTC
  • LTC/XRP
  • LTC/XMR
  • LTC/EUR

計6種類もあります!
法定通貨を決済通貨にしたものから、仮想通貨同士のペアであってもLTCを基軸通貨にしたものまで様々ですね。

まとめ

 

  • LTC(ライトコイン)ははBTC(ビットコイン)の次に作られた仮想通貨で、決済通貨として使えるなど、需要が高まっている。
  • LTC(ライトコイン)を証拠金にするためには、LTC(ライトコイン)専用の口座を作成する必要がある。
  • CryptoGT(クリプトGT)では、LTC(ライトコイン)に関連した6種類の仮想通貨ペアで取引することが出来る。

 

LTC(ライトコイン)についての詳細や、決済通貨としての特徴、CryptoGT(クリプトGT)でのLTC(ライトコイン)を使った取引方法などについて、分かっていただけたかと思います。
早速LTC(ライトコイン)や他の仮想通貨を入金して、取引を開始しましょう!

この記事の監修者
監修者: バヤシ
クリプト業界代表の意識高い系男子。仕事に役立つ意識高い系の呟きを連発します。Crypto fire side chat関西仮想通貨大会議主催者 。関西を中心にツイッターインフルエンサーさんと一緒に楽しいセミナーを企画しています。

-仮想通貨FX, 仮想通貨取引所情報, 海外取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.