仮想通貨FX 仮想通貨取引所情報 海外取引所

CryptoGT(クリプトGT)の新しい通貨ペア:BSVとBABについて

投稿日:

「ハードフォークで生まれた新しい通貨って、結局どんな感じなの?」

「仮想通貨ペアのポジション持っても大丈夫?」

「BSVとBAB、買うならどっちがいいんだろう」

新しい仮想通貨について、興味を持たれている皆さんに今回の記事をお届けします。

BSV(ビットコインキャッシュサトシヴィジョン)とBAB(ビットコインキャッシュABC)は、ハッシュウォーと呼ばれる戦争を繰り広げていましたが、果たしてどうなったのか?

という事についてもまとめました。

 

カレンくん
今回のハードフォークはBCH(ビットコインキャッシュ)が複数に分岐するから盛り上がったな
クリプト先生
まだ対応しきれていない国内取引所もあるけど、しっかり理解しておきたいね

 

↓合わせて読みたい↓

CryptoGT(クリプトGT)の取扱通貨ペアや取扱銘柄について説明!

 

BSVとBABはハードフォークで生まれた

2018年11月15日に予定されていたBCHのハードフォークにおいて、チェーン分岐の可能性が生じたことで、新通貨の付与を目的にBCH価格は高騰を記録(その後大きく下落)終わってみればチェーンは実際に分裂、BSV(Bitcoin SV)とBAB(Bitcoin ABC)の異なるチェーンが生まれました。

 

この2つのコインについては、今後どうなるか予測がついていません。

取引所によっては、最終的にはBSVのサービスを停止すると宣言している所もあります。

しかし、このまま永遠に2つに分裂するかもしれないとも言われています。

また、2つの仮想通貨関連の情報サイトCoin Dance(コインダンス)によると、BABはブロックのカウントとPoW(プルーフ・オブ・ワーク※1)の点からいうと、BSVより先を進んでいると示しているとのことです。

 

※1ブロックチェーン技術をささえる「コンセンサスアルゴリズム(合意を得る方法)」のことで、ブロックを生成するマイナー(採掘者)を選ぶ時のルール

 

カレンくん
BSVとBAB、熱い戦いだな!

 

BSVについて

クレイグ・ライト氏という人物が、BSVの指針を作り上げた人物です。

クレイグ・ライト氏はnChain※2の主要な科学者です。

 

ライト氏はBSVとBABのうち、生き残るのはBSVだろうという旨の発言をしています。

BABネットワークを支えているパソコンを利用したエネルギーやハッシュパワー※3が長く続かないと考えているためです。

 

※2ビットコインキャッシュコミュニティの有力企業

※3マイニングを行う時の計算能力の速さのこと

BABについて

BAB側にはBitcoin.com※4の最高経営責任者であるロジャー・バー氏が居ます。

バー氏はBABでマイニングしたハッシュパワーについては、数カ月は持続するだろうと主張しています。

 

※4ビットコインの総合ポータルサイトを運営する会社

 

国内の取引所の対応について

 

bitFlyer ハードフォーク後、BCHはBAB(Bitcoin ABC)を指す。
コインチェック BAB(Bitcoin ABC)が参照するチェーンをBCHとして表記する。

誤ってBSVを入金した場合、残高反映や返金等は出来ない。

Zaif 12月4日よりBABの入出金を再開。BSVの取扱については調整中。
bitbank BCHの預入、引出は一時停止中。→BABを取扱い開始
GMOコイン 12月4日より、仮想通貨FXでBCH/JPYの新規注文を再開。
DMMビットコイン 今後はBABをサポートすることを表明している取引価格を参照価格にする予定。

 

国内取引所では、BSVを上場せず、フォローするところではBABをフォローするという事が分かります。

 

クリプト先生
国内の取引所で使うなら、BABを購入するべきなんだね

 

CryptoGT(クリプトGT)で仮想通貨ペアの取扱が開始(2018年12月5日)

CryptoGT(クリプトGT)でBSVUSDとBABUSDの通貨ペアが追加されたとアナウンスがありました。

MT5の中にはBCH(ビットコインキャッシュ)関連の銘柄もまだ残っていますが、BCHは取引しようとしても「売買不成立」になり、BSVとBABは取引出来るようになっています。

なお、表示されている価格はBSVUSDで90$台、BABUSDで120$台です。(12月6日現在)

 

まとめ

  • BSVとBABでハッシュウォーが繰り広げられており、どちらが残るかまだ分からない
  • 国内取引所ではBSVをフォローする所は無い
  • CryptoGT(クリプトGT)でBSVUSDとBABUSDのFX取扱が開始している

 

ハードフォーク後の勢いも落ち着き、各取引所で取引が再開されてきました。

しかし、まだまだBSVとBABについてはどちらが残るか?という事も分からず、不安定な状態です。

現物を購入するにはまだ時期尚早だと考えている方も、新しい仮想通貨の動向を見守る意味で、CryptoGT(クリプトGT)でポジションを持ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事の監修者
監修者: バヤシ
クリプト業界代表の意識高い系男子。仕事に役立つ意識高い系の呟きを連発します。Crypto fire side chat関西仮想通貨大会議主催者 。関西を中心にツイッターインフルエンサーさんと一緒に楽しいセミナーを企画しています。

-仮想通貨FX, 仮想通貨取引所情報, 海外取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.