ビットコインについて

ビットコインの様々な使い方について考えてみよう

更新日:

ビットコインなどの仮想通貨を手に入れたことがありますか?

もしかしたらもうバリバリに使っているかもしれませんし、これから手に入れてみようかなと考えている人もいるかもしれません。

今回はビットコインを持っている人には新たな使い方を、これから購入しようと考えている方には参考という形で、ビットコインの使い方を紹介したいと思います。

ビットコインを投資として使う

今はこれが一番熱いですね。というよりほとんどの人が投資・投棄を目的としてビットコインを購入しています。

FXや株と違い、ビットコインは2017年現在、かなり激しい値動きを見せています。しかもどちらかと言うと上昇の方向で動いていますので、ビットコインを買って所持しておけば問題なく自分の資産を増やすことができるかと思います。

しかし、各国の規制や取引所の閉鎖・ハッキングなどのによって、一気に落ちる可能性もあるので、注意してください。

投資の際はあくまで自己責任で行いましょう。

 

募金や寄付に使う

ビットコインは募金や寄付に使うと非常に便利です。

まずは送金手数料が安いということ。数十円で他人の口座にビットコインを送ることができます。銀行口座から送金すると国内でも500円前後、海外へは数千円かかります。

ビットコインは国内でも海外でも変わりません。

実際、Coincheck(コインチェック)というビットコイン取引所では熊本で発生した地震のときに募金を募りました。45万BTCくらい集まったとのことです。

また募金や寄付をビットコインで行う際には、直接渡したい人に渡せるというのもメリットです。ユニセフや日本赤十字社などを通すことなく、ネット上のビットコインアドレスのQRコードに送れば、寄付や募金が可能です。

間でなぞなことに使われたり、相手が望まない形での寄付などになることがありません。

 

ビットコインを決済手段として使う

ビットコインを使える店舗がちょっとずつ増えてきており、日本なら2500店舗以上あると言われています。

基本的には導入が簡単なので、小規模店舗の中で増えてきましたが、この間ついにビックカメラ全店で導入されました。DMMなどのネットショッピングサイトでも導入されています。

スマホだけで決済可能なので、利便性はかなり高いでしょう。

 

ビットコインには無限の可能性(まとめ)

今我々が使っている日本円とくらべて、ビットコインが日常生活の部分で勝っている部分というのは、はっきり言って送金の部分だけです。

投資に関しては今だけかもしれませんし、スマホで決済はSUICAなどでもできます。

ブロックチェーンなどの技術が凄いと言われても関係ないと言うのが本音だと思います。

やはり今後の普及を考えると、送金の部分に着目した利用方法を見出すことが必要であると考えます。

ビットコインの普及によって、海外商品の購入なども活発になれば、生活と切っても切れないような通貨へとなっていくことでしょう。

-ビットコインについて

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.