仮想通貨取引所情報

Bitcoin(ビットコイン)の買い方・購入方法《bitFlyer(ビットフライヤー》

更新日:

最近、様々な場所でその名を聞く機会が増えている「Bitcoin(ビットコイン)」。

 

聞いた話だと何人もの人が、ビットコインの取引を通じて、何億円もの資産を得たという話も聞いたことがあるかもしれません。

 

そんなビットコインの購入方法を実際の画面をもとにして、説明します。

 

今回はユーザー数・取引量・資本金の3つで、日本一を誇るビットコイン取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」を例にして、購入方法をお伝えしたいと思います。

 

もしまだbitFlyer(ビットフライヤー)で口座を作っていない方はこちらの記事を確認して、口座作成をしておいてください。

【クリプト先生が教える】bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と特徴は?メリット・デメリット他社と比較してみた

「ビットフライヤーって安心出来る仮想通貨取引所なの?」 「セキリティがしっかりした仮想通貨取引所を探してる」 「ビットフライヤーの手数料って安いの?高いの?」 「ビットフライヤーは他社と比較してどこが ...

続きを見る

 

Bitcoin(ビットコイン)の購入方法

1.日本円の入金

無事に口座開設が完了し、bitFlyer(ビットフライヤー)のサイトにログインできたら、まずは「日本円を取引所の口座に入れましょう」。

 

左のメニューから「入出金」をクリックしてください。

 

※注意!直接クレジットカードでの購入も可能ですが、かなり多くの手数料を取られるので、よほどの理由がない限り、オススメしません。明記はされていませんが、クレジットカード利用手数料を購入者が負担する形になっているのでしょう。

 

「銀行振込」にするか、「クイック入金」にするか選びましょう。

 

それぞれのメリット・デメリットを説明いたします。

 

■銀行振込

メリット:手数料は銀行振込手数料のみ。

デメリット:15時以降の入金の反映は翌日になり、土日祝日を挟むとさらに遅くなる。

口座名義は登録した本人のみ可能。

住信SBIネット銀行で振込を行う場合は、振込名義人の名前を指定しないと運営に連絡する必要がある。

振込をする予定の銀行口座によって、振込手数料が変化する。

 

■クイック入金

メリット:入金後、特に問題なければかなり数分で入金が反映される。

ネットバンクからの入金、コンビニからの入金などかなり便利に入金が可能。

デメリット:本人確認のための書留書類の受け取りが完了していないと利用不可。

手数料は324円かかる。

コンビニからの入金には30万円の上限がある。

クイック入金で入金したお金は7日間、動かせない(ビットコインや他の仮想通貨の売買は可能です)

 

今回はクイック入金で入金してみましょう。

 

銀行振込をご希望の方は「銀行口座の登録」と「振込名義人を間違えない」の2点を注意して行ってください。

 

「クイック入金」を選択したのち、まずはいくら入金するかを上部のボックスに半角数字で入力してください。

 

そして「enterキー」を押すと、手数料を含めた金額が表示されます。

 

 

それを確認した後に、「インターネットバンキングで入金する」「銀行ATMから入金する」「コンビニから入金する」のどれか、自分の一番都合のいい方法を選びましょう。

 

その後は画面に表示された指示に従って、入金は完了です!

 

2.ビットコインの購入

ページ上部の「残高(JPY)」の数字が増えているのを確認し、入金が反映されたら、ついにビットコインの購入です!

 

 

左の「ビットコイン取引所」というメニューをクリックしてください。

※「ビットコイン販売所」というメニューもありますが、よほど値動きが激しいタイミングでない限り、ビットコイン取引所で購入したほうがビットコインを安く購入できるので、取引所の方を選びましょう。

 

中央でせわしなく数字が動いているところが「売り板」「買い板」と呼ばれるものです。ここで世界中の注文内容が表示されています。

 

BTC/JPYの部分の数字が緑のものは「買い注文」、赤いものは「売り注文」です。

 

ここでは細かい説明は省きます。

 

購入したいビットコインの数量を入力すると(0.01BTCから入力できますね)、その下に取引手数料が出てきますね。

 

慣れた人は数量の右にある価格(BTC/JPY)の数字を自分の取引したい価格に設定するのもいいかもしれません。

 

そこまで完了したら、「コインを買う」をクリックして、購入完了です!

 

3.購入したビットコインの確認

 

ホームに戻っていただき、中央の「資産状況」を見てください。

 

JPY資産が減って、BTC資産が増えていれば、購入は問題なく完了しています。

 

ビットコインの購入方法・買い方(まとめ)

いかがだったでしょうか?

 

問題なくbitFlyer(ビットフライヤー)で、ビットコインは購入できましたか?

 

セキュリティの設定によっては、二段階認証やメール認証が必要になる場合がありますので、臨機応変に対応してください。

 

ビットコインを始めとする仮想通貨は今後、世界の金融システムを大きく変えてしまうほどの力を持っています。

 

今のうちに保有していたビットコインが将来的にものすごい価値を生み出すかもしれません。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトはこちら

-仮想通貨取引所情報

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.