ビットコイン取引所 仮想通貨取引所情報

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判?特徴と口座登録方法を徹底解説

更新日:

この記事に目をとめて下さった方の中には

「QUOINEX(コインエクスチェンジ)ってどんな仮想通貨取引所なの?」

「手数料は安い?スプレッドは狭い?」

「取り扱い銘柄は何種類?…」

などを考えられている方が多いのではないでしょうか?

ビットコインなどの仮想通貨の取引に慣れてくると、もっと有利な売買手数料で取引をしたいと考える方が多いかと思います。

そのような方には「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」をご利用されることをお薦めします。

なぜなら、「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」はスプレッド(売値と買値の差額)の狭さに定評のあるビットコイン取引所だからです。

今回は「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」の評判や特徴、メリット・デメリットについて、紹介していきたいと思います。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリット

ビットコインを手数料安く取引できる

スプレッドが狭い(コスト安く取引出来る)

自社トークンであるQASH(キャッシュ)の売買出来る

チャート分析が豊富

クイック入金を出来る(入金がいつでもすぐに反映される仕組み)

XRPが取引所で買える!

コールドウォレットで管理してるからセキュリティに強い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴、メリットはとにかく低コストで仮想通貨の売買が出来る取引所と言ったところです。

ビットコインを少しでも安く、低コストで買いたい!と思う方はQUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座を登録される事をオススメします。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)には販売所のシステムが存在しません。

販売所ではなく取引所としてクイック入金が使える事も大きなポイントですね。

また全てのコインをコールドウォレットで管理している為、ハッキングに強い取引所と言えます。

続いて、他社との一括比較を見てみたいと思います。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)と他社を一括比較

取引所 アルト取引所 銘柄 手数料(BTC) 使いやすさ
QUOINEX 5種類 無料  
ビットフライヤー × 6種 0.0.1%~0.15%
ビットトレード 6種 0.2%
ザイフ 14種 -0.01% ×
GMOコイン × 5種
ビットポイント × 3種 ×
ビットバンク 6種 無料
BTCボックス 4種 無料
DMMビットコイン × 7種  ◎

ご覧の通り、QUOINEX(コインエクスチェンジ)と他社を一括比較をしてみるとQUOINEX(コインエクスチェンジ)の良さが分かるかと思います。

5種類のアルトコインの取引が「取引所」として出来て、手数料が無料。
webサイトの使いやすさも平均以上はあるかな?と言った感じです。

続いて、QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリットについて見ていきたいと思います。

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリット

スマホでバリバリ取引したい

NEMやLiskなどの取引銘柄数が5銘柄に限定される

送金が遅い(コールドウォレットの為)

大きなデメリットでは無いのですが、GMOやビットフライヤーなどと比べると少しアプリに使いにくさを感じます。

また取引銘柄もBTC, ETH, BCH, QASH, XRPとなっておりNEMやLISKなどの取り扱いは無いので、 バイナンスなどの海外口座と一緒に使う事をオススメします。

アプリでバリバリ取引したい!と言う方には少しだけ使いにくさを感じてしまうかもしれません。

しかし、アプリで取引はバリバリせずに、ほぼガチホールドで確認程度でアプリをチェックすると言った人は特に問題なく、QUOINEX(コインエクスチェンジ)はおすすめですし口座登録しておくべき取引所といえます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の強み、メリットはビットコインを安く、低コストで買える事!です。

私も日本円を入金して、ビットコンを購入する際にQUOINEX(コインエクスチェンジ)を使っています。

カレンくん
ビットコインを安全に低コストで売買する人にはいいな!
クリプト先生
そうだね。セキュリティはバッチリだからね!

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?

「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」はQUOINE(コイン)株式会社が運営する取引所です。

2014年11月にシンガポールで設立されましたが、2016年3月に本社機能を日本に移して、更にCEOとして日本人が就任しています。

また2017年10月には金融庁の登録仮想通貨交換事業者として、第1号として登録されています。

では、「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」の取引所の評判や特徴を見ていきましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

 売買手数料が0円

スプレッドが業界一狭い

24時間入金可能な金融機関380行に対応!

レバレッジは国内最大級25倍(法人なら50倍)!

全てのコインをコールドウォレット管理

取引通貨は5種類

ひとつずつ解説していきたいと思います。

BTC売買手数料が0円

現物取引もレバレッジ取引も手数料は0%となっています。(BTC/JPY)

しかし 、(BTC/JPY)以外には約定金額(決済金額)の0.25%が手数料となります。

BTC/JPYは手数料無料

BTC/JPY以外は約定金額の0.25%が手数料

スプレッドが業界一狭い

取引所にもスプレッドがあるのか?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、販売所ほどの差はありませんが、取引所にもスプレッドは存在しています。

取引所におけるスプレッドとは単純に売り板と買い板の間の差の事を言います。

この差額がQUOINEX(コインエクスチェンジ)では非常に狭くなっています。

これはQUOINEX(コインエクスチェンジ)が10社以上の海外取引所と繋がっており、取引量(流動性)が大きくなる事でスプレッドが狭くなっています。

 

365日クイック入金対応

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は24時間365日いつでも即入金を完了させるクイック入金サービスを展開しています。

通常の入金は平日時間内であれば振込後30分〜3時間程度ので反映されますが、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の場合、クイック入金サービスによって入金依頼を出してすぐに反映される仕組みになっています。

レバレッジ取引は国内最大の25倍

レバレッジ取引をする場合、国内では最大の25倍のレバレッジをかけることが可能になっています。
また、法人の場合はレバレッジを50倍に設定することが可能になっています。

個人レバレッジ:25倍

法人レバレッジ:50倍

 

全てのコインを常にコールドウォレット管理

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本で唯一全てのコインをコールドウォレット管理している取引所です。
この場合メリットはハッキングされにくい点があげられるのですが、逆にデメリットを言うと送金をする場合にコールドからホットに写す作業をする為、着金までに時間がかかってしまいます。

ですので、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の送金には時間がかかることを注意しておきましょう。

しかし、セキュリティはマルチシグネスチャ対応、全ての通貨をコールドウォレットで管理している為、強いと言えます。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の取扱仮想通貨

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で取り扱っている仮想通貨について見てみましょう。

仮想通貨名 概要
Bitcoin ビットコイン BTC 言わずと知れた世界で初めての仮想通貨。もちろん時価総額もNo1。
Ethereum イーサリアム ETH 時価総額No2の仮想通貨。ビットコインとの大きな違いは契約についてもブロックチェーンに残すことができるということ。
Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ BTH   ビットコインから分裂してできたコイン。
XRP(リップル) アルトコインでも人気のリップル。銀行間送金で使われる仮想通貨ですね。
QASH(キャッシュ) QUOINE社が取り扱うQUOINEX社のトークン。金融プラットフォームLIQUID上で使われるコインです。

取り扱っている仮想通貨は、信頼性の高いものを絞り込んでいるイメージです。

クリプト先生
最近になって人気のXRP(リップル)も買えるようになったんだ
カレンくん
リップルが取引所で買えるのは熱いな!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)が他の取引所に絶対負けないおすすめポイントとは

スプレッド(売値と買値の差額)が業界一狭い。

ビットコインや仮想通貨のトレードを行う際に、意外と見逃しがちな部分がスプレッドの広さ狭さです。

他の取引所でもビットコインに関しては、あまりスプレッドは大きくありませんが、イーサリアムに関してはかなりのスプレッドになることは珍しくありません。

そのスプレッドが狭いことでQUOINEX(コインエクスチェンジ)は有名です。

 

取引所のスペックに自信あり!

セキュリティの部分はコールドウォレットとマルチシグと基本的な部分は確実に対応しています。

それ以外にも高い流動性を確保するために、海外取引所10社以上と接続して、売りたい買いたいのに相手がいないという状況にはならないようにしています。

特徴を踏まえておさらい

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の良いポイント

 BTCの売買手数料が無料

スプレッドが業界一狭い

唯一、全てのコインがコールドウォレットだからセキュリティに強い!

XRP(リップル)も買える!

BTC取引を素早くやりたい人、セキュリティにはこだわりたい人、XRP(リップル)などのメジャーなアルトコインを買いたいという人にはオススメですね。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の悪いポイント

BTC/JPY以外には手数料がかかる

セキュリティが強いけど送金は遅い

取引画面は少しプロ仕様の為、素人には使いにくいかな?

BTC/JPY以外のアルトコインをバリバリ取引したい人、送金はすぐに着金して欲しいと考えている人、初心者で分かりやすい画面で取引したいと考えている人、こんな方にはオススメできませんね。

カレンくん
セキュリティが強いのは安心だな!
クリプト先生
そうだね、とりあえず口座登録しても無駄は無い取引所だと思うよ

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で口座開設する方法

ここまでで、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判や特徴、他の取引所にはないポイントについて説明させていただきました。

続いては、実際にQUOINEX(コインエクスチェンジ)で口座開設を行うときに手順について、ご案内いたします。

手順1 個人情報の入力

トップページの「口座開設無料はこちら」をクリックしてください。

 

このままでも問題ないのですが、日本語に変換しておきましょう。

 

日本語に変更しましょう。

 

お住いの国を選んでください。通常はそのままJapan(日本)になっているはずです。

 

メールアドレスやパスワードを入力してください。

 

個人情報の入力をしてください。特に住所に関してはこの後に提出する本人確認書類と同じものにしたほうがいいでしょう。

 

引き続き、入力をしていきましょう。後半については投資経験がないのなら、全て「1年未満」にすれば問題ありません。また金額も本当に厳密なものでなく、大体で結構ですよ。

全ての入力を完了すると、上記のような画面が出て、入力完了です。メールが届くのをお待ち下さい。

 

手順2 メールアドレスの登録

QUOINE(コイン)から上記のようなメールが届きます。

全て英語で怪しいですが、表示されているURLをクリックしてください。

 

手順3 本人確認書類の提出

QUOINEX(コインエクスチェンジ)にログインできましたら、まずは日本語にしましょう。

その後、本人確認書類提出を行います。

本人確認書類の画像データをアップロードしたら、1~3営業日待った後に本人確認が完了。

トレードができるようになります!

「海外取引所へのステップアップのために練習したい」という方にはQUOINEX(コインエクスチェンジ)が一番!(まとめ)

長々とお読みいただき、誠にありがとうございます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の運営会社QUOINE(コイン)は元々シンガポールの会社だけあって、取引所の使い勝手は海外の取引所に近いものがあります。

使い勝手に関しては最初は戸惑うかもしれませんが、慣れたら使いやすいと評判です。

スプレッドを含めた売買手数料は割安なので、ぜひ使ってみてほしいビットコイン取引所です。

ビットコインを含めた仮想通貨は今後、大きな影響を世界に与えることは間違いないかと思います。この記事が皆さんの仮想通貨のトレードに参加することの手助けになったら、これほど嬉しいことはありません。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)公式サイト

-ビットコイン取引所, 仮想通貨取引所情報

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.