ビットコインの購入方法

現物取引・ビットコインFX・先物取引《ビットコインの取引方法の比較》

更新日:

いざビットコインの取引を初めてみようとおもったときに、いくつかの方法があります。

大きく「現物取引」「ビットコインFX」「先物取引」の3つです。

それぞれの投資方法には特徴がありますので、自分の投資目的に合致した投資方法を実践してみてください。

ビットコインの現物取引について

ビットコインの現物取引というのは、ビットコインそのものを売買します。

ここで購入したビットコインは実際に自分の資産として、送金や決済に利用することができます。

投資をしたことのない人にとっては、一番イメージしやすい方法なのではないでしょうか。

ビットコインなどの仮想通貨は基本的に「取引所」と呼ばれる場所で、個人個人が取引をおこなう「板取引」という方法で行うのですが、ビットコイン取引所によっては「販売所」という形態でビットコインの売買を行うことができるところもあります。

販売所では個人とビットコイン取引所で売買取引を行うので、提示されている価格での購入が可能となります。板取引の場合は急激な価格の変化があった際に、取引が不成立となってしまうのですが、販売所ではそのようなことは避けられます。

 

ビットコインFXについて

ビットコインFXは外国為替FXと同じように、通貨同士の価格差を利用して売買を行い、その結果だけを資産に反映します。

自分の資産をビットコインFXの口座に入れておき、それに対してレバレッジを何倍までかけるのか決定します。

すると自分の資産以上の取引を行うことができ、より大きな利益を受け取ることができます。

実際にビットコインの取引を行う現物取引とは違い、手元にビットコインがないのに「売り」から始めることができます。これが可能となることで、ビットコインの価格が下がっていても利益を出すことが可能です。

しかし長期で保有しようとしてしまうと、スワップポイントと呼ばれる金利のよううなものを差し引かれてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

ビットコインの先物取引

先物取引というのは、将来の価格を予想した上で、将来購入する権利を買うというものです。

それは商品や株式と同様、ビットコインでも同じようなことです。

ビットコインの先物取引は、ビットコイン取引所によって決済タイミングや利用するチャートが違う場合があるので、事前にルールはキチンと理解しておきましょう。

 

ビットコインの取引方法について(まとめ)

ビットコインや仮想通貨の取引と言うと、新しいことのように感じますが、基本的なトレードの部分に関しては株取引やFXとほとんど変わりありません。

大きな違いの部分としては、価格の変動が大きく、下手に投資してしまうと思わぬ損失が出てしまうことがある点です。

ただ価格の変動が大きいということは、その分利益を得ることができるチャンスでもあります。

少額でもいいので、実際に取引を行ってみることをオススメします。

もちろん余剰資金で行うことは忘れないでください。

-ビットコインの購入方法

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.