アルトコイン

仮想通貨LINKの特徴と将来性・取引所での購入方法について徹底解説

更新日:

こんにちは今日はChainLink(LINK)の特徴と将来性・取引所での購入方法について説明していいたいと思います。

ChainLink(LINK)と言えば、オフチェーンとブロックチェーンを繋ぐ橋渡し的なシステムですよね!

カレンくん
わかりやすく説明してくれ!
クリプト先生
了解!今日も説明していくぜ!

ChainLink(LINK)の価格

ChainLink(LINK)のチャート

ChainLink(LINK)の特徴

ChainLink(LINK)は2017年9月スマートコントラクト社のICOにより生まれた仮想通貨で最大発行枚数は10億枚になります。
ChainLink(LINK)は簡単に分かりやすく言うと、ブロックチェーンに繋がっていない世の中のシステムをブラックチェーンに繋ぐ橋渡しが出来るシステムと考えると良いでしょう。
イメージしやすいモノでいくと銀行やPayPalなど金融機関→ブロックチェーンという流れを作る際に間にチェーンリンクが入る形になります。

「金融機関→チェーンリンク→ブロックチェーン」という形をチェーンリンクはつくります。

クリプト先生
オフチェーン(外部)とブロックチェーンの橋渡し的な役割をするんだよ。
カレンくん
なんか金融機関とか銀行って聞くとリップルと似てるなって思ってしまうな!

リップルは銀行と銀行を繋げ、瞬時に送金出来る銀行間ネットワークをつくることが目的になっています。

それに対してチェーンリンクはビットコインやイーサリアムのスマートコントラクトに外部のデータを結びつけて既存の金融機関などのシステムを安全に管理する事が目的になっています。

クリプト先生
なのでリップルとはちょっと違うね。

またChainLinkのリンクトークンはChainLinkの中で使われる事になっており、今後ビットコイン、イーサリアムのブロックチェーンと金融機関が繋がった際にリンクトークンが決済に使われる予定です。

 

ChainLink(LINK)の将来性

ベルギーにあらゆる国際決済を仲介するSWIFT(国際銀行間通信協会)があります。
ChainLinkの開発者であるスマートコントラクト社はSWIFTの協力により昨年ブロックチェーンを実証実験しています。

当然ですが、この仕組みが世の中で使われるようになればリンクトークンの需要が上がりますのでリップルなどと同様に価格は上がっていくと考えられます。

カレンくん
リップルが銀行間取引で当たり前に使われるようになればリップルの需要が高まるのと同じだな!
クリプト先生
そうだね。ChainLinkも金融機関などのオフチェーンデータとブロックチェーンを橋渡しすることが当たり前になれば上昇することは必須だね!

ChainLink(LINK)を買うならBinance(バイナンス)

ChainLink(LINK)を買うなら仮想通貨取引所Binanceがオススメです。

Binace(バイナンス)のメリット
・100種類以上のアルトコインの取り扱い有り
・取引手数料が圧倒的に安い
・日本語対応している
・コインチェックなど日本の口座からの送金も楽

Binanceは世界1位の取引高を誇る取引所です。ChainLink(LINK)の取引高も非常に多く、日本語対応していることから非常に使いやすいといえます。まずはBinanceにアクセスしてアドレス等を入力し登録します。

クリプト先生
日本の取引所と違い一瞬で登録ができるんだ。日本の取引所口座があればその取引所からBinance(バイナンス)へ送金することで即日取引も可能だよ

 

Binance(バイナンス)の口座登録解説

海外の取引所だし心配、中国の取引所大丈夫?そう思われる方の為にBinance(バイナンス)がどんな取引所なのか?登録方法についても画像付きで解説しています。Binance(バイナンス)の評判と口座開設ログイン方法について徹底的に分かり易く解説/不安を解消!
カレンくん
これで口座開設はばっちりだ!

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.