ビットコインのテクノロジー

ハードフォークってなに?《ビットコインのお勉強》

更新日:

Bitcoin(ビットコイン)についてちょっとでも知っている人は、「ハードフォーク」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

2017年8月に発生したビットコインのハードフォークや、遡れば「The DAO事件」のときに誕生したイーサリアムクラシックもハードフォークの結果、誕生した仮想通貨です。

 

なんとなく仮想通貨の分裂というイメージで捉えているだけの方も多いかと思います。

 

今回はビットコインや他の仮想通貨の事件やイベントについて語る際に、必ずと言っていいほど出てくる言葉「ハードフォーク」について、より詳しくお伝えしたいと思います。

ブロックチェーンの変更

ビットコインはその取引履歴をすべてブロックチェーンに記録していっています。

 

そして10分ごとに取引履歴を記録したブロックチェーンのブロックを追加していき、そのブロックに書かれた記録を確定してしまうことによって、取引に不正改ざんが発生しないようにしています。

 

このブロックはビットコイン誕生から今まで、ずっとつながっており、その記録については世界中の人が誰も閲覧することができるのです。

 

このブロックを変更することを「フォーク」と言います。

 

フォークには「ハードフォーク」と「ソフトフォーク」の二種類が存在します。

 

ハードフォークとソフトフォーク

ソフトフォークってなに?

ビットコインのブロックチェーンは誕生以来ずっと続いているということはお伝えしました。

 

このブロックチェーンを、最初から全て変更し、その後のブロックと新しいブロックをそのまま使えるようにすることが「ソフトフォーク」です。

 

ハードフォークってなに?

一方、ある地点のブロックから仕様を全て変更してしまい、全く新しいブロックを作って、それまでのブロックとの互換性をなくしてしまうというのがハードフォークです。

 

新しいブロックチェーンにとっては前のチェーンは全く関係のないものとなります。

 

ハードフォークするとき

なぜ今でのブロックチェーンを無視するようなことをしなくてはいけないのでしょうか。

 

それにはポジティブな意味でのハードフォークとネガティブな意味でのハードフォークがあります。

 

ポジティブなハードフォーク

これは簡単に言ってしまうと「仮想通貨のアップデート」です。仮想通貨をより良いものにするために新しい機能をつけようとしたとき、それまでのブロックと互換性を維持しようとすると、かなり手間がかかることになってしまいます。

 

そこである時点のでのブロックから、アップデートした仮想通貨に変更しましょうというアナウンスの後、そのアップデート異論がなければ、スムーズに移行することができます。

 

有名なものだとイーサリアムは誕生後、4回のハードフォークによって理想とする形へとアップデートする予定とのことです。

 

ネガティブなハードフォーク

こちらはハッキングの被害にあったときの対応ですね。

 

具体的な例としては「The DAO事件」です。

 

このときはDAOというプログラムのバグを狙われて、ICOで獲得した資金がハッカーのもとに不正に流出してしまいました。

 

イーサリアムはハードフォークを行うことによって、不正流出した事実をなかったことにしました。しかしこの強引な方法は賛否を生み、イーサリアムクラシックが誕生してしまったことはご存知の通りです。

 

ハードフォークはビットコインならではの出来事(まとめ)

ブロックチェーンを技術の土台としているビットコインなどの仮想通貨にとって、ハードフォークは良くも悪くもどこかのタイミングで発生してしまいます。

 

ハードフォークはビットコインだからこそ、起こりうる出来事でして、実はビットコイン投資を行っている人にとっては、チャンスでありピンチでもあります。

 

ビットコイン業界の情報は自分から取りに行かないと手に入れることができません。

 

常にアンテナをはって、情報を取り逃がすことのないようにしましょう。

-ビットコインのテクノロジー

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.