ビットコインのテクノロジー

ブロックチェーンとデータベースの違い

更新日:

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる技術の上に成り立っています。

 

ブロックチェーンは、ちょっとビットコインについて調べてみた人にとっては、よく聞く言葉であると思います。

 

取引履歴を記録する場所はブロックチェーンであるという説明をもらうことが多いかと思いますが、それだと今までのデータベースと何が違うのかよく分からないかと思います。

 

今回はブロックチェーンとデータベースの違いについて説明したいと思います。

ブロックチェーンの種類

一口にブロックチェーンと言っても、大きく分けて2つの種類があります。それは「パブリックブロックチェーン」と「プライベートブロックチェーン」です。

 

パブリックブロックチェーンってなに?

ビットコインや他の仮想通貨など、皆で利用できる仮想通貨はパブリックブロックチェーンです。全ての人が全てのブロックの閲覧が可能な状態のブロックチェーンのことを指します。

 

一般に仮想通貨のブロックチェーンと言われたら、こちらを指すことが多いですね。

 

プライベートブロックチェーン

一方、プライベートブロックチェーンは、ある特定の団体やグループ内でのみ利用されるブロックチェーンです。

 

金融業界や不動産業界など秘匿性の高いデータのやり取りを行っている業界に適していると言われており、一部では既に実際に利用されていいます。

 

データベースと比較する際にはこちらを中心に見ていった方が分かりやすいでしょう。

 

データベースの問題点

今までのデータベースでシステムを構築した場合に発生する問題点について、考えてみましょう。

 

自分と利害が対立する者が管理しているシステムを信用できるのか

データベースで情報を管理するということはその情報はどこかのサーバーで保管管理されることになります。もしその管理している者が自分と利害が対立している場合はどうでしょうか?

 

そこで管理されているシステムは信用できますか?

 

もしかしたら十分なセキュリティが確保されていないかもしれません、もしかしたら内部の不正が行われるかもしれません、

 

もしかしたらサーバーの故障や災害などでデータが消失してしまうかもしれません。

 

いかかがでしょう。データベースで管理しようとするとこのような問題や不安が発生してしまうのです。

 

これをプライベートブロックチェーンで管理してみたらどうでしょう。

 

プライベートブロックチェーンを使ったシステムのメリット

ブロックチェーンで情報を管理しようとすると、データベースによる管理で発生していた各種問題を解決に導くことができます。

 

利害が対立する者が管理するシステムは信用できない

⇒ブロックチェーンなら全員で管理するので、管理するのは自分であり相手でもある

 

外部のハッカーに対して十分なセキュリティは確保されていない

⇒ブロックチェーンで管理することによって、もし一箇所だけ不正に書き換えられた場合でも、他のノードがそれを承認しないため、うまくいかないでしょう。

 

内部の不正は大丈夫

⇒もしあなたが情報を書き換えても他の全員の記録と矛盾が生じたのであれば、それは認められません

 

サーバーの故障や災害

⇒あなたのPCが燃えても問題ありません。他の人のコンピュータにデータは残っているでしょう。

 

ブロックチェーンは絶対安全ではない

全員で管理監視しているから絶対に安全というわけではありません。ブロックチェーンネットワークに参加している51%以上のコンピュータが不正に書き得られてしまうと、ハッキングは成功となり、改ざんは避けられません。

 

ブロックチェーンとデータベースは使う所が違う(まとめ)

ブロックチェーンのいいところばかりお伝えしましたが、データベースを使った場合のほうがいいケースもたくさんあります。

 

ブロックチェーンだとある一定時間に記録できる情報が制限されてしまい、複雑なデータを扱うことには不向きです。

 

ブロックチェーンについて学ぶことは、ICOなどのプロジェクトの評価をする際に非常に役に立ちます。

 

今回の記事が皆様のお役に立てたのなら、これほど嬉しいことはありません。

-ビットコインのテクノロジー

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.