ビットコインについて

今一度基本に立ち返ろう。ビットコインを使うメリットは海外送金!

更新日:

ビットコインなどの仮想通貨への投資によって巨額の利益を獲得したという話はよく聞くかと思います。

それを聞いた人が、我も我もとばかりビットコインへの投資に参入してきています。

気がつくとビットコインの価格は2017年11月、ついに100万円を突破しました。

否が応でも投資・投棄としてのビットコインの側面ばかりがクローズアップされてしまいます。

ここで一度、ビットコインの本来の力について考えてみてはいかがでしょうか。

ビットコインは我々の生活にどのようなメリットをもたらすことができるのでしょうか。

ビットコインの最大のメリットは送金

ビットコインの通貨としてのメリットを今一度、考えてみるとなんといっても「海外送金」ということだと思います。

現在、海外の口座にお金を送金しようとすると数千円の手数料が必要です。これは銀行を介して「送金」「両替」「送金」という手続きが必要となるため、銀行からしてみればかなりの手続きが必要だからです。

そこでビットコインを利用すると海外の口座(ビットコインで海外の口座というのが正しい表現なのかわかりませんが)に送金するための手数料は十円前後です。

例えばインドでは収入を得るために他の国へ出稼ぎに出ることが多くあります。そして外国で稼いだお金をインド国内の家族へ送金しているのですが、この額は年間で8兆円と言われています。

しかも毎月の給料の一部を送金しているので、一回の送金額は数万円から数十万円程度です。それに対して、毎回数千円の手数料が発生しているのです。

この送金をビットコインで行えば、どれほど助かることでしょうか。

 

ビットコイン送金のメリット《時間》

もう一つビットコイン海外送金のメリットは「時間」です。

銀行口座を通じて海外に送金しようとすると、相手の口座に届くまで数日から数週間かかってしまうことがあります。さらに両国の銀行の営業時間によってもなかなか着金しないということもあります。

これをビットコインで送金すれば、24時間いつでも送金することができ、着金するためのタイムラグも、ブロックチェーンに記録するまでの時間なので、数十分からどんなに遅くても数時間以内には相手に届くでしょう。

 

ビットコイン送金は寄付にも効果的

ビットコインは寄付金を送る際にも便利です。なぜなら寄付を求めている相手に対して、直接ビットコインを送ることができるからです。

相手方のビットコインアドレスか、ビットコインアドレスのQRコードをネット上にアップして、寄付を募れば、ユニセフや日本赤十字社などの第三者を通すことなく、寄付金を送ることが可能です。

 

ビットコインのメリットを考え直そう(まとめ)

ビットコインはどのように使うのが便利なのかということをお伝えいたしました。

投資や投棄のことばかり考えるのではなく、たまにはどうやって使えば世の中をよりよいものにできるかという観点からビットコインについて考えてみてもいかがでしょうか。

-ビットコインについて

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.