BTCチャート分析

【2018年6月15日のBTCマーケット】ビットコインのトレード指南《プロトレーダーによるチャート分析》

投稿日:

BTC/USDの《日足》

6440ドルのラインを一時ブレイク。ですがその後陽線で戻ってきています。

ブレイクを否定したとも見れる動きなので今日のローソク足がどの位置で終わるのかが重要です。

ラインの上なのか下なのか、上であればそのまま反発して2番底をつけたというふうに見ることも可能で、再度ブレイクし下で終わった場合は更に下のゾーンにうつっていく可能性が高いと見れます。

日足では攻防のライン付近にいるので安易なエントリーは避けたほうが無難かもしれません。

BTC/USDの《一時間足》

日足で書いた通り1度6440ドルのラインを下にブレイクしていますが、今は戻っています。

ブルーのラインを引いてる6700ドル手前で今は頭を叩かれていて、ここがサポレジ転換のポイントとなっています。

ここはショートポイントです。

日足のラインでの反発の可能性もあるので、日足のライン反発ならロング1時間足の今のサポレジ転換のポイントではショート

戻りの勢いが強いので上にブレイクした場合は、すぐに損切りして、逆にここに乗れば(レジスタンスがサポートに転換した場合)ロングで入るイメージです。

重要なライン際での攻防は素早く対応することが重要です。

 

ビットコインFXのトレードで損しないための取引所

仮想通貨でFXをやっている人はビットフライヤーをお使いの方が多いのではないでしょうか。

現時点でオススメな仮想通貨FX取引所と言えばBitMEX(ビットメックス)です。

カレンくん
まだビットフライヤー使ってるの?

【ビットメックスの強み】

追証無し

レバレッジ100倍

アルトコインを使ったFXが可能(XRP・ADA・NEOなどなど!)

手数料も安い!

資金調達金利(スワップも低い!)

クリプト先生
ビットメックスの登録は3分で出来るんだ!

-BTCチャート分析

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.