BTCチャート分析

【2018年6月12日のBTCマーケット】ビットコインのトレード指南《プロトレーダーによるチャート分析》

投稿日:

BTC/USDの《日足》

日足で陽線確定を見せてますが、サイズは大きくありません。

ローソク足のパターンとしては、毛抜き底というパターンになり反転サインではありますが、まだまだ上昇の力は弱く安値圏で揉み合っている状態です。

一旦7000~7250ドルレベルまでの戻しはみせてもいいのかなというチャート形状だと見ています。

日足では今からエントリーする場合は戻りを待って売りで入るしかないですね。ってことで特に動きなしです。

【毛抜き底】直近のローソク足の安値と当日のローソク足の底値が同値にあることを指します。ローソク足で見ると、二回連続でヒゲが下に伸びており状態になっています。一般的には下降相場からの転換を意味するとされています。

BTC/USDの《一時間足》

底値圏からの戻りをつけるための動きをしています。

ここからどう動くかですが、シンプルに考えるとさらなる戻りを待って売りで入るというのがセオリーかと。

大陰線の下落をしっかり解消するまでは安易な買いエントリーは控えたくなるチャートです。

ちなみにこれは1時間足のこのチャートをみて言っていることで、小さな5分足や15分足を見た場合は買いで入る場合があります。

チャートというのは各時間足での分析のもと、今自分がどの時間足でエントリー、シナリオ、決済を考えているのかというのを明確にすることが必要です。

よくTwitterで有名なアカウントがロングってつぶやいてたからロングで入ったっていう人がいらっしゃると思いますが、その人がどの時間軸でエントリーしたのかまで把握していないと自分だけ取り残されることもあるので注意しましょう。

 

ビットコインFXのトレードで損しないための取引所

仮想通貨でFXをやっている人はビットフライヤーをお使いの方が多いのではないでしょうか。

現時点でオススメな仮想通貨FX取引所と言えばBitMEX(ビットメックス)です。

カレンくん
まだビットフライヤー使ってるの?

【ビットメックスの強み】

追証無し

レバレッジ100倍

アルトコインを使ったFXが可能(XRP・ADA・NEOなどなど!)

手数料も安い!

資金調達金利(スワップも低い!)

クリプト先生
ビットメックスの登録は3分で出来るんだ!

-BTCチャート分析

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.