BTCチャート分析

【2018年5月16日のマーケット】ビットコインのトレード指南《プロトレーダーによるチャート分析》

更新日:

ヨーロッパからニューヨークに飛んでちょっとバタバタしてしまい、更新が遅くなってしまいました。

楽しみにしていただいていたトレーダーの皆様、誠に申し訳ございませんでした!

現在、コンセンサス2018が絶賛開催中ですが、果たしてチャートにはどのように反映されているでしょうか。

見てみましょう!

BTC/USDの《日足》

重要なラインである8670ドルレベルをしっかり割れた後、戻りをつけました。

しかしこの戻りがこのラインで頭を抑えられて続落しています。

サポートがレジスタンスに転換しているので売りの圧力が強いと考えられます。

FR50%の8200ドルレベルでの戦いです。

ここを明確に割れてくると次は7870ドルレベルでの攻防になります。

どちらにしても今のチャートの動きでは現在のレベルで安易に買いに走らないほうが良いでしょう。

7870ドルレベルは強い抵抗線なのでタッチするまで下落してきた場合は、タッチで買いで入り反発を狙うことも可能です。

【参考】FR50%

「FR」とは「フィボナッチリトレースメント」の略です。フィボナッチリトレースメントは上昇相場における押し目や下降相場における一時的な戻りの目標価格を判断する指標として使います。フィボナッチはフィボナッチ級数を、リトレースメントは引き返すを意味します。今回の場合、フィボナッチ比率に基づいた水平線の50%ラインを参照するということを指しますね。

BTC/USDの《一時間足》

キレイな下降トレンドラインを引くことができます。

このトレンドラインに頭を抑えられながら下落中で直近の安値である8220ドルレベルを割れてきています。

今の1時間足を見ているとリズムがゆったり戻してストンと落ちるというリズムを続けています。

ここからの続落に注意が必要な形になっています。

素直に行くなら丁寧に戻り売りというのが正しい選択でしょう。

 

仮想通貨でFXやる場合に損しない為の取引所情報

仮想通貨でFXをやっている人はビットフライヤーをお使いの方が多いのではないでしょうか。

現時点でオススメな仮想通貨FX取引所と言えばBitMEX(ビットメックス)です。

カレンくん
まだビットフライヤー使ってるの?

【ビットメックスの強み】

追証無し

レバレッジ100倍

アルトコインを使ったFXが可能(XRP・ADA・NEOなどなど!)

手数料も安い!

資金調達金利(スワップも低い!)

クリプト先生
ビットメックスの登録は3分で出来るんだ!

-BTCチャート分析

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.