かそらぼニュース

ロシア財務大臣、ビットコイン販売のライセンスを発行する計画はない

更新日:

ロシアの財務省の副大臣であるアレックス・モイセーエフ(Alexei Moiseev)氏の最近の声明により、ロシアのビットコインの将来は、今までより明るいように見える。

モイセーエフ氏によると、ロシア財務省は、ビットコインを禁止する考えを完全に取り下げている。その代わりに、国はビットコインに関係するすべての人の利益を守るため、新しい暗号化規定を導入する予定であると述べている。

この規定は、ビットコインの国内での販売に対し新しいライセンスの取得を義務付けるものではなく、これまでの金融商品の最低限の基準に基づいて考えられる。

ロシアはビットコインに対し、他の国とは少し異なる法的アプローチをしてるといえる。

【ビットコインの販売は、銀行が行う一般的な仲介手続きの下で行われる可能性がある】

モイセーエフ氏の声明は、今後の規定ではビットコインを他の法的通貨と同様に扱うことで、従来の金融の生態系と、現代の暗号通貨の生態系が合併することを指摘した。規制により人々は銀行からビットコインを購入することができる。また、ビットコインのエクスチェンジを運営する場合には、標準的な仲介ライセンスを使って取引を行うことができる。

モイセーエフ氏は、新しいバーチャル通貨規定を策定する際の重要な要素として、他の金融商品と同様に、暗号化通貨に対するAML(anti-money launderingの略で、マネーロンダリング対策)並びにKYC(Know Your Customerの略で、銀行に新規口座を開く際、銀行から要求される書類手続き等の相称)要件の適用性を保証すること、及び、暗号化通信を扱う顧客の利益を保護することの2点を説明した。

また、暗号通貨市場はまだ初期段階にあり、それをさらに発展させる必要があるとも述べている。

財務省は、人々が銀行でビットコインを直接売買することを可能にしたいと考えているが、それには、既存の銀行機関よりも効率的なプラットフォームを探索する必要がある。

ロシアは、去年から反ビットコインの姿勢を緩和しており、暗号通貨とブロックチェーンの技術分野における進歩的な発展を示している。近い将来にビットコインが公式に国での法的地位を取得するとすれば、今後、暗号通貨の必要性がさらに増えることが予想されるだろう。

参考元
http://www.newsbtc.com/2017/04/23/russia-finmin-bitcoin-sales-regulations/

-かそらぼニュース
-, ,

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 AllRights Reserved.